俺TODAY.org
( ゚Д゚)ウマーな生き方を目指す。良い意味で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「0.999999... = 1 が理解できない中学生」てのがいるらしい
はてな匿名ダイアリーに0.999999... = 1 が理解できない中学生てのが載っていて、興味深く読みました。タイトルの通りの話なのですが、中学生が中学生っぽい屁理屈をこねて先生をやりこめる内容です。

記事の最後に「皆さんは説明できる?」てあるのだけれど、私には説明できませんね。(;´∀`) 説明というか、この中学生を納得させることはできません。

ただ、こういう中学生は損だなあとは思います。こういう屁理屈こねて、その単元というか分野の入口で立ち往生してしまうと、その先が全然見えてこないので。こういう子は「納得できない」→「勉強しない」→「勉強できない」というところに陥りがちで、自身の得にならないのではないかと。

なぜ彼らは、屁理屈こねちゃうか? 正直、その気持ちは分からないのですが、「いったん自分の中にできあがっている知識の体型を崩すことになるから」ではないかと想像してみました。小中学校くらいまで勉強してきた知識を元にすれば、0.9は1じゃないし、0.99だって0.999だって1じゃないから、「=」で結ぶことはできない。それが0.999の後ろに「...」つけたら「=」になるなんて! おかしいじゃん! てことなのではないか、という想像です。

もっと幼い時分であれば、学校や周囲から入ってくる新しい知識を、教えられたままに吸収して自分のものとしていくことが普通にできますが、中学生くらいになるとそれなりに知識が「体系」になってきた結果、それと矛盾するものに対して、納得できません! て反応をしてしまうのかも。たかだか中学生くらいまでの知識体系に過剰な自信を持ってしまって、新しい知識を取得していくのをジャマしてしまうとすれば、正直もったいないことだと思うなあ。

自分の知識体系と矛盾してしまう内容であっても、とりま、「あーそういうもんなのかあ」くらいのフレキシブルさで取り込んでいくことで、より高みが見えてくるものなんで。そういうのって、中学生くらいだと分からないかもしれないけど、大人になってみてから振り返ると、すんごくよく分かるものなので。この文章を読んでる中学生はほとんどいないと思うけど、0.999... = 1が理解できなくても、とりあえず「そういうものなんだ」と納得して、先に進んでみてほしいです。


スポンサーサイト

テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

未来の予測は難しい
あけましておめでとうございます。
すっかり更新回数が少なくなってしまった本サイトですが、しぶとく生きていますので、引き続きよろしくお願いします。

NHKで 未来予想の特番 が放映されました。と言っても、俺は見忘れて、1/5の再放送待ちなのですが。♪~ <(゚ε゚)>

ずっと以前からのことですが、未来予測って当たりませんよねほんとに。2015年になっても車は空飛んでないし、動物と会話できるようになってないし、宇宙旅行もできないし。

逆に、ここ数年で使えるようになったテクノロジーや製品で、前世紀に予想されていたものがどれだけあるでしょう? スマートフォンやタブレットが今のような形状になっているとは、誰も考えていなかったのでは?

1990年代になされた技術予想で、「当たり」と言えるのは、Bill Gatesが1996年頃に掲げたスローガンである“Information at you finger tips”くらいじゃないすかね。この言葉にしても、10年後を予想したものらしいけど、実現したと言えるのは2013〜2014年くらいだし。しかも皮肉なことに、“Information at you finger tips”を実現したのは、AppleのiOS搭載機やGoogleが開発したAndroid搭載機で会って、Microsoftの製品ではありません。Windows Phoneはいつまでたっても「第三のOS」ですし。

slide-6-(gates-touchwall).jpg


そうは言っても、アラン・ケイのように、

未来を予測する最善の方法は、それを発明することだ

と、自らのビジョンに従って未来を発明するのは、誰にでもできることではありません。それどころか、ちょっと先の未来を見据えて、そこに向かっていくことでさえ簡単ではありません。2015年の俺は、なんとかそのように進んで行きたいと思います。という新年の抱負でした。

RSS


テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

LINE NEWSの通知って
LINEの LINE NEWS って、夜の10時やお昼の12時ちょうどに、配信の通知が来ます。あまりにぴったり正時に来るので、お昼などは時報の代わりに使えるくらいです。

LINE NEWSはニュースのアプリケーションだし、当然通知もプッシュで配信されていると思っておりました。が! 先日、決して電波の届かないシチュエーションで、いきなりLINE NEWSの通知が来ました。そうLINE NEWSの通知は、鯖からプッシュされてくるのではなく、アプリが出しているものなのですね。ユーザーは通知を見て、アプリを起動し、そこで初めてコンテンツがダウンロードされてくるという。

そうか、これで良いんですねw




RSS
仕事の都合で時々更新が滞ります (-_-;) ので、
RSSリーダーに登録しておくと、便利かもしれません。
俺のお勧めは ライブドア・リーダーです。

テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

最近の通信機器は賢いね(笑)
自宅で使ってるMacBook Airから、鯖(ルーター兼用)やDrobo FSが見えなくなりました。IPアドレス直接指定すれば見えるので、機器の故障とかではなさそう。なんか設定が変わってるのかも。最近何か変更したかと記憶を探ってみると、あーそういえば無線LANのアクセスポイントを交換しておりました。

なんで交換したかというと、それまで使ってた機種がぶっ壊れたので。無線側はちゃんと機能しているっぽいけど、有線のほうがダメっぽくて、MacやiPhoneはアクセスポイントを見つけるんだけど、外に繋がらない状態。買ってから2年半で壊れるって、ちょっと早くね? どことは言わないけど、黄色い箱のメーカー
(●`ε´●)

新しくしたのは、BuffaloのWHR-HP-G300Nというモデル。ちょっと前に、必要かと思って買ったんだけど、後から実はなくても済むことが分かって、とりあえずキープしておいたものです。

とりあえずデフォルトのままで、マニュアルのとおりに設定してみたら、あっという間に接続できて、セキュリティもOKな状態になってて感心しましたですよ。俺、無線LANは802.11bの時代からずっと使ってるので、無線LANの設定はめんどうでも仕方ないって考えるオールド・ファッションな人間なんですw だからAOSSで設定できるってだけでも、けっこう感心してしまいます (;´∀`) AOSSで使うなら、MACアドレスでアクセス制限かける必要もないのかあとか。

そんな感じで、手間かけずに設定できて、問題なく使用できていたのですが、なぜか自宅内の鯖が見えないことに今日気付きましてw MacBook Airのネットワーク設定を開いてみたら、鯖で動いているDHCPが配ってるのとは異なるアドレスが振られてました! WHR-HP-G300Nのページ を見てみると、あったりまえだけど、これブロードバンド「ルーター」なんですよね、アクセスポイントというよりは。当然デフォルトではルーターとして機能しているので、WHR-HP-G300Nが無線側に別のネットワークを作り、DHCPでアドレスも振ってくれていたというのが真相でありました。当然、ルーター機能を無効にしてやることで、元通りの環境に戻りました。

whr-hp-g300n.jpg


インターネット側の装置(「光なんとか」とかそんなの)とPCやMacの間に、Linuxマシンを置いて鯖兼用のルーターにして使うってのが、もうオールド・ファッションなんですよね、きっと (;´∀`) 今どき3000円くらいで買えるBBRも必要な機能はだいたい備えています。それどころかプロバイダーから貸与される接続装置自体がルーターで、さらに無線LANのモジュールを追加できたりするので、これだけで複数のマシンをインターネット接続できるわけです。その上で、ファイル鯖が必要ならNAS(Drobo一択)を用意するほうがスマートです。

PCやMac以外に、ゲーム機、テレビ、タブレット etc. ネットに繋いで利用するデヴァイスが一世帯に複数あるのは、もう当たり前なわけで。そんな時代に、俺たちが昔やっていたような複雑な手順を踏ませるとか、ありえないっすよね。何かもう俺ずいぶん時代遅れだなあとか思っちゃいました。(;´∀`)




RSS
仕事の都合で時々更新が滞ります (-_-;) ので、
RSSリーダーに登録しておくと、便利かもしれません。
俺のお勧めは ライブドア・リーダーです。



テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

Drobo FSのHDDを交換
俺の超お気に入りストレージ、Droboシリーズの最大の利点といえば、保存してあるデータをそのままに容量を増やせるところです。これは一般的なRAIDアレイにはないメリットです。Droboは値段が高めだったり、転送速度がそんなに高くないといったデメリットもありますが、俺にとってはメリットのほうがはるかにでかいと言えます。

すでに5台のHDDを搭載しているうちのDrobo FSですが、そろそろ実効容量の80%ほどが埋まってきました。

201307drobo9.jpg
このカットだと、5台のHDDが入っていることくらいしか分からんw

201307drobo10.jpg
ホコリすげえw 下部に青いLEDが点灯してるけど、これが実効容量のどれくらい消費しているかを表している。10個中8個が点灯しているので、80%くらい。

201307drobo1.jpg
Drobo Dashboardから見ると、こんな感じ。

201307drobo2.jpg
空き容量1TBしかない!


やっぱ空き容量が1TBしかないと、不安だわ~。そこで容量のでかいHDDに交換して、容量を増やすことにしました。

Droboの実効容量は、こんな感じで計算します。Droboに搭載している一番でかい容量のHDDを除き、残りのHDDの容量を合計したものに九掛け(90%)です。最大容量のHDD分はRAID 5相当の冗長性に使われてます。残った分の10%てのは、管理用データと、あとはGBとGiB、TBとTiBの差なのかなあ。

うちのDrobo FSには640GB, 1TB, 1TB, 2TB, 3TBの5台のHDDが搭載されています。前述の計算に基づくと、だいたい4.1TBくらいになります。

まずはDrobo FSを稼働させたまま、640GBのHDDをぶっこ抜きます。ドライブベイ左側の爪を横にずらして、出っ張ったHDDを「ズボッ」と。

201307drobo11.jpg
下4つのLEDは、かなり派手にビカビカ点滅してます。


すると残る4台のHDD横にあるLEDが、緑/黄に点滅し始めます。これはアレイの再構成中を表しておりまして、この状態のHDDは取り外してはいけません。まあもちろん取り外しませんけどね。Drobo Dashboard上でも、こんな感じになります。とりあえず搭載されている4台でアレイを再構成している状態。

201307drobo3.jpg
稼働中にHDDを抜いたので、残りのHDDでデータ保護できるように再構成中。


そこで空いたドライブベイに、交換用に買った Seagateの3TB HDD ST3000DM001/N を突っ込みます。

201307drobo12.jpg
価格だけでSeagateのST3000DM001に決めました。


すると、5つのLEDが揃って点滅し始めます。Drobo Dashboard上では、5台でアレイの再構成(「データ保護」と表示されてますね)である旨表示されてます。残り時間21時間とか出て焦りますが、これまでの経験からすると、それほどはかかりません。またこの状態でもデータの読み込みは可能です。まあ夜寝る前に仕掛けたので、このまま就寝です。

201307drobo4.jpg
21時間と出ているけど、結局6時間くらいで終了する。それに再構成中にもデータの読み出しはできる。


そして翌朝、派手に光っていたDrobo FS本体もおとなしい状態に戻っており、Drobo Dashboardでも正常な稼動状態であることが確認できました。3TBも空きがあれば、まあ当分安心でしょう。

201307drobo6.jpg

201307drobo7.jpg

201307drobo8.jpg
特に問題が出ていないことを確認。空き容量が増えた以外は何も変わらない。素晴らしい!


コマンドラインから呪文のようなコマンドを入力することもなく、HDDを物理的に交換するだけで、ストレージの容量をモリモリっと増やせる。この世話いらずなところが、Droboシリーズ最大の利点ですね!




RSS
仕事の都合で時々更新が滞ります (-_-;) ので、
RSSリーダーに登録しておくと、便利かもしれません。
俺のお勧めは ライブドア・リーダーです。



テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。