俺TODAY.org
( ゚Д゚)ウマーな生き方を目指す。良い意味で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パクリデザイナーは、デザイナー業から足を洗ってほしい
東京オリンピック2020のエンブレム問題が絶賛炎上中の佐野研二郎氏関連の、さらなる炎上案件となった サントリーオールフリーのトートバッグ の件は、佐野氏サイドが 第三者のデザインをトレース したものが含まれていたことを認めたそうです。

件のトートバッグは、佐野氏管理の元、複数のデザイナーと共同で制作したものだそうで、その一部に第三者のデザインをトレースしたものがあったと確認したということみたい。

当初、全部で30種類のデザインがあったのに、そのうちの8種類が取り下げられて、ナンバーが飛び飛びになってた時点で、もうその取り下げたデザインがパクリだったことはある程度分かっていて、そのことがきちんと確認されたということなのでしょう。

この件で俺が驚いたのは、佐野氏と協働でデザインの仕事をするレヴェルのデザイナーの中に、「ネットにあるデータはフリーで勝手に使っていい」というマインドの人間がいたということです。佐野氏ほどのビッグネームであれば、他人の成果物をパクることがどんなにヤバいのか分からないはずがないので、この件はチームに不心得者がいたということなのでしょう。

佐野氏は「スタッフ教育が不十分だった」と言っているみたいですが、わざわざスタッフに「ネットで見つけたデータを使わないでください」って注意するってのもありえないよなあ。もしミーティングでそんなこと言われたら「バカにしてんのか!」って気を悪くするレヴェルの話だし。

俺は以前、技術系や技術系じゃない雑誌の編集をやっていたのですが、その当時いっしょに仕事していたデザイナーさんたち(社内・社外)は皆、権利関係には厳格な方ばかりで、どこかからパクってきた素材を使うなんてことは、そんな発想することさえありえない世界でした。そもそも権利云々の前に「拾ってきたものを使わない」ことは、デザイナーの矜持である。わざわざ言葉にしなくても、このことは編集部内で共有されていたことです。だから、デザイナーという人種はパクリとかしないもんだ。俺はそう思っていたし、そういうスタンスのデザイナーに敬意を払っておりました。広義のモノ作りの業界全体にも、そのような敬意がある(べき)と思います。

しかし、サントリーという大企業から仕事を受けるほどのデザイナー(チーム)に「パクリ上等」な不心得者が紛れ込んでしまったことで、その前提が崩れてしまいました。デザイナー業全体が「ネットからカッコイイデータ見つけてきて、ちょこちょこっといじるだけの簡単なお仕事だよね」と思われてしまうとしたら、それはひどい世界です。

デザイナーにとって「パクらないという矜持」は、スキル、知識、引き出しの数、センスなどよりも根源的に必要な要素だと思います。その要素を持ち合わせないのであれば、その人はデザイナー業に就くべきではありません。デザイナー業界が正しく敬意を払われるためにも、今回やらかした「デザイナー」には業界から足を洗ってほしいところです。



RSS
俺いい加減な性格だから、時々更新が滞ります (-_-;) ので、RSSリーダーに登録しておくと、便利かもしれません。


スポンサーサイト

テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

週刊アスキーがデジタル版に完全移行


ちょっと前、発表になった際には「ついにその時が」と思いましたが、週刊アスキーが次の6/2発売号から、電子版のみとなるみたいです。紙の週刊アスキーは、今日発売される1030号がラストということに。そんなわけで、記念に購入しておきましたよ。ちょっとお高い880円。

週刊アスキーの電子版は、2013年頃から始まりました。開始当初の短い期間でしたが、電子版制作のお手伝いをしていたこともあったなあ。紙版と電子版は同時発売であり、紙版校了後の短時間で電子版を作り上げるのは、関係各所の努力があったからこそできたのだなあと思い返したり。

最初はAppleのNewsstand, 密林のKindle, KADOKAWAのBOOK☆WALKERあたりから始まった週刊アスキー電子版ですが、今では単号販売、定期購読、読み放題の各形式で14の電子書籍・雑誌ストアで売られているのですね。

電子版に完全移行すると、紙版では必要だった印刷費用、紙代、使えない間接部門の人件費といったコストが不要になる反面、紙版では入っていた広告費がなくなるので、トータルとして決して楽ではないと思います。紙版を出し続けるのも、電子版に完全移行するのも、どちらも茨の道。それでも未知の道を選んだ週刊アスキーには、ぜひ成功してほしいっす。



RSS
俺いい加減な性格だから、時々更新が滞ります (-_-;) ので、RSSリーダーに登録しておくと、便利かもしれません。


FC2強制捜査ですよ! ((((;゚Д゚))))
ここ数日、FC2動画でやり過ぎちゃった件で、「運営会社」に強制捜査が入ったという話が出ておりました。そして今日、FC2にわいせつ動画配信容疑 社長ら逮捕 というニュースがっ!

インターネットの動画投稿サイト「FC2動画」の会員にわいせつな動画を配信したとして、警察は大阪のインターネット関連会社の社長らを公然わいせつの疑いで逮捕しました。社長らは容疑を否認しているということです。警察は、この会社が「FC2動画」の実質的な運営会社とみて捜査を進める方針です。


NHKのニュースとかだと、こういうことらしいのですが……

FC2の総合インフォメーションブログ に、本日の報道に関しまして というエントリーがポストされています。この際なので、パクリサイトのようにマルっと全文引用いたしましすと、

平素は、FC2(fc2.com)をご利用いただき、誠にありがとうございます。

2015年4月22日(日本時間23日)に弊社の開発委託先会社の社長が逮捕されたとの報道がございました。

報道では、開発委託先会社ではなく、FC2の代表者が逮捕されたとの誤った報道が散見されますが、FC2の代表者が逮捕されたという事実はございません。

FC2は、今までどおりコンプライアンスを重視し、ユーザー様のご要望・ご期待にに沿えるよう全力でサービスを提供して行く所存です。


なるほど、よく分からん (;´∀`)

本ブログも、FC2が展開するサービスであるFC2ブログ上で作られておりまして。ブログサイトを選択する際に、そんなに多くのブログサービスを比較検討したわけでもありません。なんとなく使いやすそうとか、使ってるサイトが多いなとか、その程度。まーいきなりこれで、FC2ブログのサービスが終了したりはしないでしょうし、特に気にせず使ってくかなあ。


RSS
俺いい加減な性格だから、時々更新が滞ります (-_-;) ので、RSSリーダーに登録しておくと、便利かもしれません。

ガラホとか(ヾノ・∀・`)ナイワ~(名前的に)
なんか最近、ガラホとか変な言葉を見聞きすることが増えてきました。「ガラパゴス・ケータイの形状をしたスマートフォン」で略称「ガラホ」。それならガラスマだろ! という気がしないでもないですが、ガラスマと言った場合は、グローバル展開を考えずに「日本国内での用途に特化したスマートフォン」という意味合いになる気がします。

そもそもで『なにをもって「スマートフォン」を名乗って良いのか』が、けっこう人によってばらばらな感じがします。適当に無頓着にガラホという言葉を使ってるサイトやブログを見てみると、どうもAndroidを使っているという理由で、スマートフォンと称しているようです。それでいて数字のボタンがついていて筐体が2つ折りになるからガラケー、よってガラケーかつスマートフォンなのでガラホなのだとか。
それは(ヾノ・∀・`)ナイワ~ それは単に「OSにAndroidを採用したガラケー」でしょ。

スマートフォンの明確な定義はありません(Wikipediaにもそう書いてありますw)が、俺としては、ユーザー自らがアプリを選択できるPC的な使い方ができるデヴァイスがスマートフォンだと思ってます。こういうようにシンプルにスマートフォンを定義すると、そこから外れるスマートフォン的なものもあるのかもしれません(ざっと考えただけでは、思い付きませんがw)。

なので、OSがAndroidでお仕着せのアプリを使う製品はやっぱりガラケーです。ガラケーが悪いわけではありませんが、無理にガラホみたいな頭悪く見える造語を作る必要もありません(とか言いつつ、以下ガラホという言葉を使いまくりですが)。

ガラホが登場してくる理由は、旧式の低効率な回線を利用するガラケーを減らしていきたいというキャリアの意向があるからでしょう。現時点でガラケー使ってるユーザーというのは、スマートフォンには興味がない=コンピューターを持って歩きたいとは思わない人々ですから、彼らにガラケー→スマートフォンの移行をさせるのは、どうやっても無理です。

機能的にはガラケー(音声通話とメールが主体)で4G回線が利用できるガラホは、ガラケーユーザーの需要も満たしつつ、キャリアとしてもありがたいということでしょうね。ガラホという名前はだっせーですが、Androidを採用したガラケーは製品としては、超アリです。


RSS


テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

10年以内に小型核融合炉実用化ですと!?
例によってTwitterのTLを眺めていると(最近、ネタのソースが全部TL)、核融合がどうのこうのというツイートが目につきました。ネタ元はこれ。米ロッキード、10年以内に小型核融合炉実用化へ です。

1年以内に設計、テストが終了し、5年で試作品が、10年で実用的(operational)な核融合炉ができるというスケジュールらしいです。しかもそのサイズは約2.1×3メートル(7 ft. x 10 ft.)ととってもコンパクト。「トラックの荷台に載る」と表現されてますが、これで100MWクラスの発電能力があるそうです。

ちょっっっとにわかには信じがたいので、元記事 のほうも確認してみたのですが、大筋同じ内容でした。むー。

核融合は、最も条件がマイルドなD-T反応

D + T → 4He + n + 14.1MeV


でさえ、臨界条件(突っ込んだエネルギーと発生するエネルギーが等しくなる)が1億℃以上です。これはすでに達成されたみたいですが、実用的な核融合炉の条件はさらに高くなります。かような超高温になるため、核融合関連の設備は当然巨大なものなるのが常識だったわけですが… 仮に小型の核融合炉ができるとしたら、大型のものができて、そのずっと先に小型化成功という手順なるはず。いきなり、トラックの荷台に載るサイズの核融合炉が10年以内と聞かされてもね。Wikipediaに掲載されているような知識・技術とは、まったく異なる技術ができたのでしょうか。まさか、常温核融合の悪夢再びじゃないだろうなあ。

そういうわけで、今のとこは眉にべっとりと唾をつけてる状態です。とはいえ、俺が生きている間には実現しないと思ってた核融合が、あと10年で実現できると聞いて、かなりWKTKしているのも確かです。



RSS
俺いい加減な性格だから、時々更新が滞ります (-_-;)
RSSリーダーに登録しておくと、便利かもしれません。
俺のお勧めは ライブドア・リーダーです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。