俺TODAY.org
( ゚Д゚)ウマーな生き方を目指す。良い意味で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
迷宮街クロニクル1 生還まで何マイル?
迷宮街クロニクル1 生還まで何マイル? (GA文庫)迷宮街クロニクル1 生還まで何マイル? (GA文庫)
(2008/11/15)
林 亮介



京都に大地震が起き、その結果地下の迷宮が現れてそこからモンスターがぞろぞろと。迷宮の探索とモンスター退治するために、一般人から志願者を募ることに。迷宮街には訓練場や酒場があったりします。つまりWizardry I Proving Grounds of the Mad Overloadの状況が、リアル京都で起きるという設定のお話です。これは、なかなかおもしろい!

「魔法使い」、僧侶に相当する「薬師」、そして敵の気配などを探知できる「ソナー」という職業があり、この3つの職業はパーティーに必ず必要で、1人につき1人の「戦士」がガードするということで、だいたい6人くらいでパーティーを組みます。ソナーは盗賊相当ですね。じゃあ侍とか君主に相当する職業は? と思いますが、戦士だけど魔法が使えるキャラがいるという記述があるので、今後出てくるでしょう、多分。

Wizardry Iの人気モンスターであるMxxxxx's Ghost相当の存在も登場します。名前がちょっと、いやかなり笑えます。少なくとも俺はリアルで吹きました。

もちろんリアルワールドが舞台ですから、Wizardryと違う点もあります。それは防具。現代人は鎧なんて着たらまともに歩けませんから、ちょっと厚手に詰め物をしたツナギを着込みます。それと工事現場で使うようなハードハット。これだけです。これでモンスターと戦うわけですから、キャラがばんばん死にます。死亡率14%とありますが、もっと高い気がしますw

そんな危険なところにわざわざ志願してくる香具師がいる理由は、とても儲かるから。1回の地下探検で、普通のリーマンの1ヶ月分に相当するくらいの収入が得られることもあるからです。モンスターが金持ってんのかよw というわけではなく、倒したモンスターの体をさばいて持って帰ると、地上で買い取ってもらえるという設定です。それなんてTHE SCREAMER w

いろんなキャラクターから見た視点で描かれていたり、そもそもキャラクター自体が大勢いることもあり、ちょっとばかし読みづらいところがあるのも確かですが、とてもおもしろい小説でした。もちろんすぐさま 2巻 も密林にオーダーしましたですよ、ええw

スポンサーサイト
這いよれ! ニャル子さん
クトゥルー神話体系に、ついにラノベがw ラブコメだそうです。Love Comedyではなく、Lovecraft Comedy(ラブクラフト・コメディ)。すげーよw

這いよれ! ニャル子さん (GA文庫)這いよれ! ニャル子さん (GA文庫)
(2009/04/15)
逢空 万太


普通の人間なら目にしただけで発狂するような、旧支配者のニャルラトホテプが、アホ毛装備の萌えキャラになっているという、HPLも草葉の陰から生き返りそうな設定です。

俺はクトゥルー神話関連の小説は読んだことありませんが、わりと古い翻訳文学にありがちな一文の長い重苦しい文章ですよね。それをちょっと真似た感じの文章と、ラノベ的なハイテンションな文章のパートが交互に来ます。その落差がまた良いです。ハイテンションなパートはヲタなら分かるネタ満載です。ぬるヲタな俺が分かっただけでも、マクロス、テニスの王子様、Wizardry, ポケモン、MMR, ジョジョの奇妙な冒険、るろうに剣心、魁!男塾、聖闘士星矢がありました。

這いよれ! ニャル子さんの1巻 が出たのが2009年の4月で、その後はシリーズ物のラノベの平均的なペースで7月に 2巻 が、そして来月に 3巻 が出るみたい。とりあえずbuy nowしときました。

ばけらの!
ばけらの! (GA文庫)ばけらの! (GA文庫)
(2008/09/16)
杉井 光


ばけらの!2 (GA文庫)ばけらの!2 (GA文庫)
(2009/01/15)
杉井 光


ネタばれはないと思うけど、念のため。
>>続きを読む
九罰の悪魔召喚術
九罰の悪魔召喚術 (電撃文庫)九罰の悪魔召喚術 (電撃文庫)
(2009/05/10)
折口 良乃



ネタばれは、ないと思うけど、念のため。
>>続きを読む
ラノベ部
俺が携わっていた NETWORK magazineUNIX magazine は、相次いで休刊になります。技術系雑誌で儲けをあげるのは、なかなか難しい時代です。

儲からない雑誌がこれまで続けていられたのは、ひとえに他の部門が好調だからです。たとえば、ライトノベル(ラノベ)とかね。その恩返しというわけではありませんが、ASCIIから アスキー・メディアワークス になって以来、自社の 電撃文庫 を中心に、ラノベを買いまくってます。そういえばNETWORK magazineの編集長もそんなこと言ってたなw

電撃文庫 の作品は、発売前に社内で見本を見て、良さそうなのを 密林 に発注って感じで購入しています。他社のシリーズについては、書店の店頭で表紙買いしたりしてます。それ以外に、評判のものをおさえとこうと思って、↓を買いました。

このライトノベルがすごい! 2009このライトノベルがすごい! 2009
(2008/11/22)
このライトノベルがすごい!編集部


俺の場合、はっきり言って読む冊数よりも買う冊数のほうが多いので、未読の山が徐々に高くなっていく今日この頃ですwww これでさらにペースが上がりますw


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。