俺TODAY.org
( ゚Д゚)ウマーな生き方を目指す。良い意味で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
引っ越し準備
ちょうど仕事の忙しい時期なのに、契約の都合で引っ越しをすることに。とにかく荷物が多いので、友人に片付けの手伝いに来てもらいつつ、怒濤のように箱詰めしました。

疲れ果てたので、焼き肉を食べようと思い、iPhoneで適当に調べて 錦糸町の焼肉おもに亭 へ。品名の「おもにカルビ」って、「主にカルビ」みたいでワラタw

おもにカルビ
スポンサーサイト
IBMがTransitiveを買収するかも?
マイコミジャーナルで見かけたのですが、IBMがTransitiveの買収を検討しているですと!?

Tansitiveはそれほど知名度の高い会社ではないけれど、同社の技術はけっこう身近で使われています。いわゆるintel MacのRosettaはTransitiveの技術です。これのおかげでx86 CPUを搭載したMacなのにPowerPC Mac用のアプリケーションが平然と動くわけです。

これ以外には QuickTransit for Solaris/SPARC-to-Linux/x86-64 とかあります。Itaniumとかは置いておいてよいと思いますがwww これは基本的に古いSPARCマシンで使われているソフトを使い続けるためのものなので、最新の爆速Xeonマシンで利用すると、オリジナルよりも速いみたいです。

QuickTransitの良いところは、VMwareなどの仮想化ソフツとも親和性の高い点。ゲストOSとしてLinuxを動かして、その上でQuickTransitを動作させる、なんてこともできます。

これらの使われ方はいずれも、非インテルなアーキテクチャ/OSのソフツをインテルベースの環境で動かすもの、すなわち intelize するものです。だけどIBMTransitiveの技術を利用するとしたら、その逆、すなわちこの世に遍く存在するx86用ソフツをIBMのPowerアーキテクチャ上で動かすため、ですよね。deintelize とでも言うべきかwww

Power 7とかPower 8の頃には、Transitiveの技術を利用して、一台の物理鯖で何百ものx86用Linuxを動かせて、しかもXeonより性能出るし、低消費電力ですよーとかやるのかも... と妄想してみたりもするのですが、いかがでしょうw

YouTubeの高画質動画
すげー遅い情報ですが、YouTubeでHDクオリティの高画質で動画が見られるようになったみたいですね。以前からURLに引数渡すと画質が変わるというネタはありましたが、これまで以上の高画質に対応したみたい。

&fmt=22 を付けると1280x720pixelで表示される(もちろん元のソースがhi-resである必要があるけど)みたい。痛ニュー の当該スレから、適当に見てみるのが良いかと。

Where the Hell is Matt? (2008) もhi-resだったのですね。これ好きだー。踊ってる人の表情も分かるほどの高画質で見られるようになるとはね。

さすがにマシンスペックが相当必要になるみたいで、ULPCあたりでは歯が立たないようです。まあULPCはディスプレイの解像度も1024x600までだし、しょうがないでしょう。俺はPC D.I.Y. ヲタなので、今使ってるデスクトップマシンは、C2Q Q9450(2.66Gig/2$ 6MBx2), 8Gig Memory, RADEON HD 3650(これだけちょっとしょぼいw)なんで、余裕で再生できちゃいます。

むしろ帯域が足らねーんじゃないかと思ってたけど、ADSLでも大丈夫でした。

ULPCでは再生?って書いたけど、次世代のULPCプラットフォームでは、これが再生できるくらいまでパフォーマンス上げてくるんじゃないすかね。
オワタ! Transmeta おわた!
久しぶりにTransmetaの名前をWebで見掛けたと思ったら、身売りの話 でありました orz Novaforaというファブレスのプロセッサ設計企業に売却だそうです。

Transmetaと言えば、Linuxでおなじみ、Linus Torvalds氏も一時期勤めていた会社です。Crusoeという小型ノートPC向けのCPUを作ってました。俺もCrusoeを搭載していた富士通のLOOX Tを買ったことがあります。正直、性能は低かったなあ。まあでもCrusoeが出たおかげで、それまで小型ノート向けのCPUを本気で作ってなかったインテルが、まじめに低消費電力CPUを作り始めました。世の中の流れを変えた会社、なのかも。

アマゾンクレカ終了ですよ
だいぶ前にアナウンスされてましたが、密林クレジットカードサービス終了 になるみたいです。Amazonクレカって、Amazonでの買い物に対して2%のポイント還元があり、俺のようなヘビー密林ユーザーには、とてもウマーなカードだったのですが、ユーザーがウマーということは、事業者には負担がでかいということなのでしょうね。

発行元のシティカードは、Amazonクレカユーザーに対し、シティカードクラシック(A)というカードを提供します。年会費3150円ですが、初年度は無料ですよーということらしいですが、俺にとっては全然便利でもウマーでもないカードです。今朝、新しいカードが届いちゃったので、さっそくサポートに電話して、解約しますた。

とりあえず新しいクレジットカードを模索中です。今のところ ぽね(2chのクレカ板風w)で、いんじゃね? と思ってますが。申し込むのは来月だな(伏線w)

フードファイター?
何となく気まぐれで、夕食に豚骨ラーメンが食べたくなり、博多天神 新宿東口駅前店 に行きました。俺はここに来るとたいてい、チャーシューメンと替え玉一個というおとなしい食べ方w をします。

ここは、お客さんの「替え玉ください!」という声が常に聞こえる感じのお店です。今日もそんな感じでした。が、どうもさっきから「替え玉」言う声が全部同じ人に聞こえます。声のするほうを見てみると... 替え玉の皿をがっつり重ねてるお客さんがいましたっ!目で数えたら、何とお皿8枚! 最初から入ってる分を加えて、9玉分のラーメン食べてる! www sugeeee!

見た目は全然普通、というかむしろ細い部類の体型の人でした。俺はテレビ見ないから知らないだけで、名のあるフードファイターさんなのかもしれません。

その場でプリントできるデジカメ KTKR
その場でプリントできるデジカメですと!? タカラトミーの xiao という製品ですね。こういう新しいカテゴリーの製品が、おもちゃメーカーから発売というのも興味深いです。

ヲタ暦長い俺は、これを見ると、マクロス(こないだまで放映されていた“F”じゃなくて、初代ね)を思い出してしまいます。手のひらサイズのコンパクトカメラから、写真がペローンと出てくる、というシーンが劇中にあったんですよ。マクロスが放映されてたのは26年前。ついに現実がSFに追い付いて

キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!

って感じですね。

ASUSの読み方w
俺のようなパソヲタからすると、ASUS は、マザーボードベンダーなのですが、最近は Eee PC がNetbookの代名詞(用法:NECのイーピーシー w)にもなっているくらいで、非ヲタ層にも認知されるブランドになっています。

以前、日本法人の方に「ASUSは何て読むのが正しいのですか?」と伺ったことがあるのですが、その返事が「何と読んでもいいです」でした。俺はエイサスって読みが好きだっだけど、ほかにもアサス、アスースみたいに呼ばれてました。

非ヲタ層に浸透するためには、やっぱオフィシャルの読み方が決まってたほうが良いんじゃね? ってぼんやり思っていたのですが、Eee PC S101 の発表会でもらった資料を見ていたら、アスース って書いてありました。正式な読み方決まってたんですね。良かった良かったw

Dell Inspiron Mini 12 見せパソ
dell12.jpg

DellInspiron Mini 12を借りて評価中。Atom搭載だけど、Netbookではないす。MID用のAtom Z5x0なんで、チップセットが2チップ構成でなくシステムコントローラーハブに。トータルの消費電力を下げられるので、Inspiron Mini 12はファンレスです。静かー

もう今後は「チップセット」って言葉は死語になるかもしれませんね。メモリコントローラー相当の部分がCPUに取り込まれ、I/OコントローラーだけCPU外にって構成になり、そのうちそれもCPUに統合され、SoC = System on Chipになってくわけで。

ムーアの法則ですね、わ か り ま す w



Atom de Vista はありえねーだろ、と思っていたけど、まあWeb/mail/テキスト入力くらいは、普通にこなせます。そう、12.1インチワイドディスプレイなので、キーボードもまともなサイズになっており、タッチタイピングでテキスト入力okです。これはNetbookでは?だよね。

動画見たりするとけっこーCPUフル回転て感じだけど、そんな状態でも筐体が熱もったりしないので、膝上コンピューティングw も可w

誤解を恐れず言えば、MacBook Air 的な見せパソを10万円以下で作ってみました、というのがInspiron Mini 12である、というところでしょうか。

Webブラウザー版MS Office
CNETにMSが ブラウザー版Office を出すという記事がありました。うーん、ついにパンドラの箱を開けてしまったような気が。

当然、Google Docs 対抗ですね。Google DocsではWordやExcelの表示を完全に再現できない点を喧伝しているってことは、当然Web版MS Officeは、そのへん完璧な互換性が保たれるんでしょうね。

今、個人ユーザーでパッケージ版Officeの機能が必要な人ってどれくらいいるんでしょう。というか、俺は要らないと思ってます。OOo で十分だし、もっと言えばGoogle Docsでことが足りるんじゃないかな。

俺の妄想かもしんないけど、個人ユーザーがMSのOfficeを使ってる理由は、買ったPCにプリインスコされてるから、じゃないすかね?

というわけで、Web版Officeが発表されたら、PCベンダーはOffice Personalのプリインスコをやめて、Windows Liveのアカウントへ誘導するようなショートカットをデスクトップに置くんじゃねーすかね。Netbookの隆盛によって、ただでさえパソコンの値段はsage進行だし、ばか高いOfficeなんてイラネって流れになるんじゃないかな。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。