俺TODAY.org
( ゚Д゚)ウマーな生き方を目指す。良い意味で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DellがBTOモデルからスペック固定に
Dellというと、サーバーにしてもクライアント用にしても、BTO = Build To Orderでさまざまな構成のマシンが入手できるというイメージがあります。ですが今後は BTOからスペックを固定したモデルを中心 としたビジネスに変更するそうです。これまでは、BTOで構成できるパターンは百万のオーダーだったらしいですが、99%以上削減だとか。二桁減るってことですね。これはコスト削減にもつながりますし、すげーアリだと思います。

ことクライアントPCに関しては、Dellの製品を選ぶユーザーというのは、「安さ」で選ぶあまりPCに詳しくない人が中心というイメージがあります。そんな彼らに「ほ~ら、何百通りもの組み合わせから、あなたの好きな構成を選んでいいんですよ」としても、選べないでしょう。だったら、直球ど真ん中なコンフィグw を提示して、「あなたに適してます!」とやるほうが良いです。で、実際Dellはそのようにしたというわけですね。

鯖やビジネス向けクライアントでも、事情は似たようなものです。以前、取材でDellの方に伺ったことがあるのですが、1000台オーダーでサーバーを買うお客さん向けに、非常に細かいカスタマイズを許容するモデルがあったけど、ほとんどのお客さんが同じ構成を選択するんだとか。結局、その最も良く選択される構成のモデルを、普通に買えるモデル(PowerEdgeとか?)にしたのだそうです。

今は仮想化全盛ですし、クラウドコンピューティング時代ですから、単体の鯖に凝った部品付けて性能を上げようなんてのは流行りませんね。画一的なサーバーをたくさん並べるほうが何かと便利なのでしょう。これが進んでくと、鯖はもっと高いレベルで規格化されていくんじゃないかなあ。まあ今でもそうだけど、マザーボード上のコネクター類の配置も統一されちゃったりして、もっと簡単にx86鯖が組み立てられるようになるかも?

日本のベンダーだと、成功体験に縛られて、なかなか昔の自分たちを否定できません。その結果、変化すべきタイミングを逸したりすることが多くあります。

ちょっと脱線しますけどね。俺は以前、メーカーの向上の開発部門で仕事していたのですが、その会社って年一くらいのタイミングで工場のOB向け見学会が企画されるのです。でもって、OBという名の年寄りは、自分の成功体験だけをベースにあれこれ言ってくんです。たとえその「助言」が、現状にそぐわなくても、日本人はなかなか年上に反対できません。彼らが作っていた製品を、「売れないからディスコンにしました」とは言いづらいのです。そんなこともあって、古い製品を見限ることがなかなかできなくて、パイの小さな製品群をいつまでもごちゃごちゃと抱える羽目になると。以上脱線終了w

そんな典型的な日本の会社を思い出してから、Dellの今回の決断を見ると、ユーザーニーズの変化を見極めて、過去の自分達のスタイルをあっさりと捨て去る思い切りの良さに、ただただ感服します。


スポンサーサイト
電子書籍サービスがGALAPAGOSてw
まさに「電子書籍元年」となった感のある2010年ですが、国産ベンダーのシャープが、電子書籍ストアサービスを今年の12月から始めるそうです。サービス名は、GALAPAGOS... うはあw 確かにインパクトはありますね。だけど、ちょっとばかり「やっちまった」感が漂っている気がしないでもないような気がw

GALAPAGOSの売りは、新聞や雑誌といったコンテンツの自動定期配信サービス? また、購入履歴から推定できるお勧めのコンテンツの体験版を自動的に配信してくれるんだとか。電子立ち読みw してみて、気に入ったら即購入といったことも可能みたい。

端末は、まあiPad対抗と言えるホームタイプ(10.8型、1366x800)、iPhoneよか一回り大きい感じのモバイルタイプ(5.5型、1024x600)が用意されています。OSはAndroid、通信手段はWi-Fi(IEEE 802.11b/g)のみ。別に電子書籍だけならこれくらいの速度でも十分過ぎると思うけど、何でこのタイミングではIEEE 802.11n対応でないのかは、謎。

というのも、GALAPAGOSのサービス内容は、電子書籍に留まらないからです。最初は電子書籍サービス(当初はフォーマットはXMDFのみ)だけが提供されるのですが、その後、他の電子書籍フォーマットへの対応や、Webブラウザー、ゲームソフトなども追って提供される予定だからです。いろいろなサービス展開するんなら、通信速度は余裕があるほうが良いと思うのですが。専用の端末以外にも、スマートフォン(iPhoneあたりにも対応する?)やAQUOSへもサービス提供するそうです。来年度の早いうちに100万契約を目指しているみたい。

たとえば既存のiPadを使っている層に対して,GALAPAGOSはどのように売っていくんでしょうね。「決め細やかなモノづくりのノウハウ」みたいな言葉は、おっさん連中には嬉しいかもしれないけれど、若者相手にどこまで通用するのかなあ。実際のサービスが始まっていないうちから、あましネガティブトークしないほうが良いとは思いますが。まあとにかく、まずは使わせてください、話はそれからだ、というところです。


テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

ATOK Pad for iPhone出た
iPhoneやiPadなどのiOS搭載機は無敵に近いw ですが、日本人にとっては日本語入力が残念というのが正直なところです。iOSに組み込まれた日本語入力システムは、単語レベルでは、そこそこまともな変換ができますが、複合語や熟語はもうまったくダメなレベルです。

たとえば、「めいかくなししん」とカナで入力したら、出て欲しい漢字は「明確な指針」なのですが、iOS 4.1だと「明確な自信」、「明確な自身」、「明確な地震」が出てきます。「明確な指針」は出てこないんですw ここまでおバカな日本語入力システムは、俺の経験でいうとX68000辺りに相当します。20年くらい時代を遡ってしまったイメージです。

日本語入力システムにこだわり(誤用w)を持つユーザーのお気に入りといえば、ATOKですが、そのATOKiOS用バージョンがついに登場しました! その名も ATOK Pad for iPhone だそうです。すでにApp Storeで発売されているので、さっそく俺も買ってみました。べ別に日本語入力システムにこだわりなんて持ってないんだからねっ! 価格は1200円だけど、最初の4日間は記念価格で900円だとか。これはうまい価格設定ですよね。とりあえず買ってみっか、という気になります。

主にこれまでPCで鍛えられてきた変換精度はさすが、というか現状、スマートフォンでもこれくらいはできてほしいよね、というレベルをきちんとクリアしています。上述の「めいかくなししん」も「明確な指針」が真っ先に候補として挙がっております。

一般的なフリック入力以外に、リボルバータッチ入力やダブルトリガー入力というモードも用意されているのですが、俺はフリック入力自体は割と気に入っているので、もっぱらフリック入力を使っています。ATOK Pad for iPhoneの場合、バックスペースキーもフリッカブル(造語w)になっていたり、多少拡張されているので、慣れてくればこれまで以上に入力の効率を高められそうです。入力方式自体が増えることよりも、適切な変換候補を出してくれることこそが、ATOK Pad for iPhoneの利点だと思います。

ところで日本語入力システムといえば、OSと密接に関わるソフトウェアです。現状、AppleがサードパーティにiOSの一部を置き換えるようなソフトウェアを許可する見込みはあまりありません。そのためATOK Pad for iPhoneも、「メモ帳」アプリケーションに日本語入力システムを組み込んだ形で提供されています。それじゃあ使い道が限定されてしまうような気もしますが、ATOK Pad for iPhone上でテキストを書いて、それを他のアプリケーションに送る仕組みが用意されています。メール、SNS、Twitter、Evernoteはそれぞれ専用ボタンが用意されていますし、汎用的に使えるクリップボードへの転送も可能なので、まあどのアプリケーションでも使えますね。もっとも、Twitterでリツイートする場合とか、直接は使えないですね。たとえばTwitterクライアントでリツイート、テキストを全選択してカット、ATOK Pad for iPhoneにペースト、テキスト追加、投稿といった手順になります。ちと面倒だなwww



IMG_1773.png


ATOK Pad for iPhoneはiOS 4が動作する機種専用で、現状ではiPadでは動きません。iPad用のiOS 4.2が出たら、使えるようになるのかもしれませんし、もしかしたらiPadのサイズに最適化されたUIが追加されたりするのかもしれません。それはちょっと期待できるな。



テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

あとからアップグレードできるCPU Pentium G6951
engadgetで見掛けたのですが、 intel CPUの性能を上げるコードが米国で販売 されているみたいです。何でもかんでも通用するわけではなく、特定の機種に搭載されているPentium G6951専用のアップグレードカードとして売られているみたいです。値段は50ドル。

“Pentium”というブランドも長い寿命を誇っていますね。実は今でもインテルのCPUで一番売れているのは、Pentiumブランドの製品だという話を、最近どこかで見ました。最新のPentiumは、32nmプロセスのNehalemアーキテクチャーです。GPUコアも同一パッケージに収めたPentium G6950(2.8GHz, L3キャッシュ3MB)というモデルは、現時点で8000円くらいで買えます。一方、問題のPentium G6951は、今のところ秋葉原では売っていないみたいです。2.8GHz, L3キャッシュ3MBというスペックはPentium G6950と共通ですが、内蔵GPUのクロックが上がっている(533→700MHz?)そうです。上記のアップグレードカードをPentium G6951に適用すると、L3キャッシュが3MBから4MBになり、HyperThreadingも有効になって2core/4threadになります。そして名前もPentium G6952に変わるんだとか。Core i3の一番下のモデルって感じのスペックですね。

正直、PC D.I.Y. の人々にはほとんど縁のない仕組みですね。どうせみんなもっと高いモデル買うだろうしw

CPUのアップグレードって、古くは486SXの横に487(FPUっぽいけど、普通のCPU)用のソケットがマザーボード上にわざわざ置かれてました。今どきの小さい筐体のPCではできない、ムダw な作りですね。その後、CPUを引っこ抜いて交換するOverDrive Processorなんてのが出たりもしました。そして21世紀にはついに、CPUというハードウェアはそのままに性能を向上する手段ができたわけですね。

ただこのやり方だと、アップグレードする前のCPUって、何となく「デチューンされてる感」が否めませんね。ちょっと残念。それにL3キャッシュの増量やHyperThreadingの有効化って、かなり微妙です。50ドル払ったユーザーが、「お! 50ドル払った甲斐があったぜ」と思えるのかなあ。ベンチマークとって、スコアの向上を喜ぶような連中は、そもそもこんなエントリークラスの製品は買わないだろうし。

HPのSuperdomeのように、たくさんのCPUを積んでいるハイエンドのサーバーでは、あらかじめ全部のソケットにCPUを挿した状態で出荷し、そのうちの一部だけを利用するといった使い方が可能です。タスクが増えてきてCPUを増やしたくなったら、料金を払ってCPUを「追加」することができます。もちろんCPUの追加に際して、サーバーの電源を落としたり、OSを再起動したりする必要はありません。

ビジネス用途では、このように「デチューン」して出荷はありだと思います。Superdomeの場合は、数十万円もするItaniumを使わずに挿しておくわけですが、システム全体の価格からすれば微々たるものですし。だけど、あまりPCに明るくない個人ユーザーでこの手法はどうよ? と言う気がしないでもありませんw


テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

VMwareがNovellからSUSE Linuxを買うかも?
VMwareといえば、仮想化ソフトウェアから始まって、今では仮想化ソリューション全般を手がける会社です。MicrosoftがHyper-Vをタダにしたり、KVMなどのオープンソースのハイパーバイザーが登場してきても、仮想化環境の管理ツールなどが充実していて、相変わらず仮想化関連のトップベンダーです。

最近VMwareは、仮想化関連の技術を揃えるために、けっこう企業買収を進めています。その流れということなのか、 ノベルからLinux資産の買収で交渉 しているという話が出ているそうです。仮想化環境で動くOSを、VMwareが獲得してどうすんだろ?という気もしますが、仮想化環境で動くアプライアンスの基盤として使うなら、アリかも。

それにしてもNovellは、SUSE Linuxだけでなく、その他の資産も売却を検討しているとか。大昔のNetWare時代は一世を風靡していたのにね。

テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

Drobo国内展開キター
仕事でちょこっと使ってみて以来、非常に気に入ったけれど、未だに買うに至っていないDroboですが、このたび 国内で本格的に展開 することになったみいです。すでに 日本語サイト も用意されてます!

最初に出たモデルは、4台のHDDを搭載できるDroboの本体と、DroboをNAS化するDrobo Shareでした。どうやら今はDrobo Shareはディスコンになっているようです。現状のラインナップは5種類。4台のHDDを搭載可能なDrobo、HDD 5台のDrobo S、NASとして使うなら一択のDrobo FS、そしてiSCSIにも対応してHDDを8台搭載できるDroboProとDroboEliteです。無印のDrobo以外は、RAID 6相当のデュアルパリティにも対応しています。予想価格は、それぞれ39900円、67800円、77800円、159800円、398000円だとか。スペックの詳細は、OHP(Official Home Page w)の 一覧 を。

Droboって、容量が異なる複数のHDDを有効に使えるとても優れた製品で、world wideではすでに10万台以上出荷されているとか。RAIDという言葉を知らなくても、データを冗長化した状態で保存できて、管理も非常に簡単です。フロントにある10個のLEDが、Drobo全体の容量のどれくらいを使用しているのかを表わしてます。空き容量が少なくなってきたなあと思ったら、フロントパネルを外して、空きスロットにHDDを追加するか、一番小さい容量のHDDをぶっこ抜いて大容量のHDDに交換するだけ。RAIDで言うところのリビルド作業も自動で行なわれます。作業の間も電源を落とす必要はなく、普通に使えます。ただし、HDDを1台ぶっこ抜くと、いわゆるデグレード状態になるので、速やかに新しいHDDを追加する必要がありますがw このHDDの状態、すなわちデグレードなのかとか、特定の1台が故障しているのかなどは、HDDのスロット脇にあるLEDで表わされています。フロントパネルの裏に、LEDの色と点灯/点滅/消灯がどのような状態を表わしているのかリストが載っているため、管理の際もマニュアル不要ですww

俺はDroboのこの仕組が非常に気に入っているので、ことあるごとに周囲に推奨してまわっています。もっとも、頭の固い連中はTeraStationに比べて高価だと言って全否定ですけどねw 確かに同じ実効容量で比較したら、TeraStationのほうが安いし、いろいろと便利な機能も含まれています。だけど、TeraStationてRAIDに通暁していないユーザーには敷居が高すぎます。普通に動いている間は問題なくても、トラブルが起きると手も足も出ないでしょう。また、容量を増やしたいと思っても、そう簡単にできません。バックアップをとったうえで(どこに? w)4台全部取り替えるか、裏技的ですが、1台ずつ大容量のHDDに交換してはリビルドしていく必要があります。前者はどこにバックアップをとれば良いのかってことになりますし、後者の場合は一体どれだけ時間かかるのかwww 前述のDrobo全否定のTeraStationユーザーは、容量を増やすために結局もう1台TeraStationを買ってましたけどね。アホかとwww



drobo-fs-cable-angle.png



うちで使うとなると、Drobo FSになるなあ。ここんとこ円高が進行しているので、個人輸入するかっ!とも思っていたのですが、普通に国内で買えるなら、それでもいいかw 試しに、B&Hで調べてみたら、Drobo FSと送料で 739.49USD でした。83JPY/USDとして、6万円ちょっと。微妙だなあwww


【関連記事】
DroboPro!
Droboがカッコイイ


テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

iOS 4.1になってよかったのは、HDR撮影
iPhone, iPod touch向けに、iOS 4.1が発表されました(古ッ!)。俺はiPhone 4を使っているので、iPhone 4.0でもほとんど不満がありませんでした。一般に、この手のデジタルガゼットの不満ポイントは、1に動作速度、2にバッテリー駆動時間です。バッテリー駆動時間に関しては、どうしようもないけれど、iPhone 4の動作速度は、まったくストレスを感じさせません。iOS 4.1は、動作速度も改善されたみたいだけど、特に体感速度というのは一定のスレッショルドを超えてしまうと、それ以上は飽和してしまうものです。というわけで、iOS 4.1をインスコしてみましたが、速くなった感はありませんw まあそれでいいと思います。

iOS 4.1の売りは、HDR撮影とか、Game Centerとか、iTunes Pingとか、HDビデオをYouTubeにウプできるようになったこととかあるようです。このうち俺が一番気に入っているのは、HDR撮影でしょうか。HDR = High Dynamic Rangeで、明暗のコントラストが高い状況でも綺麗な写真が撮れてしまいます。露出を3段階に切り替えて撮影し、それを自動的に合成してくれるんだそうです。賢いな!

部屋の中で、 わなびう している時に撮影したのが、こちら。左がノーマル、右がHDR撮影



hdr1a.jpg hdr1b.jpg



次は、出勤途中に駅のホームから撮ったもの。左がノーマル、右がHDR撮影



hdr2a.jpg hdr2b.jpg


HDR撮影って、何となく特殊効果的なもので、撮影したあとに手間かけて加工するものかと思っていました。だけどiPhone 4でお手軽にHDR撮影できるようになると、単純に綺麗な写真が撮れる仕組みというようにとらえても良いんじゃないかと思ってきました。明るいところがとんじゃってたり、暗いところがつぶれてる写真て、やっぱ下手っぴだなあと感じますw だけど、iPhone 4なら、カメラのアプリケーション起動して、HDR撮影のオン/オフ切り替えるだけで、いきなり綺麗な写真が撮れてしまいます。シャッター音が鳴った後に数秒待たされますが、十分許容できる程度の時間です。

今のところ、iOS 4.1でHDR撮影が利用できるのは、iPhone 4だけのようです。今後、以前の機種でもHDR撮影がサポートされるようになるのかどうかは不明ですが、iPhoneでたーくさん写真撮るユーザーならば、HDR撮影目当てで、iPhone 4にスイッチするのもアリだと思えます。

新しいテクノロジーを、「新しい」、「難しい」と感じさせずに、簡単に使えるようにするアップルは、凄いですね!(信者乙www)


テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

Amazon EC2の新コース、Micro Instanceはじまた
IaaS(Infrastructure as a Service)の代表格、Amazon EC2は、ずーっと使うと意外とコストがかかるという話を見かけます。そんな話があるせいなのか、 Micro Instanceという新しい料金体系 が導入されるそうです。即日利用できるみたい。

料金は、Linuxだと1時間2セント、Windowsだと1時間3セントだそうです。少量のCPUリソース(a small amount of consistent CPU)と613MBのメモリー(えらく半端だなw)が提供されるみたい。突発的に負荷が高まったら、CPUリソースは融通してくれるようです。ストレージは標準メニューではないので、Amazon EBS(Elastic Block Store)からブートする必要があると。

Linuxを使うなら0.02USD/hourってことで、1ヶ月使うと15USD弱? 今は円高だしずいぶんと安い気もします。ですが、Amazon EBSの分まで含めると、そんなにお得でもないかもしれません。最近だと、 さくらインターネットのVPS などもあるしね。こちらは、メモリー512MBでストレージ20GBついて1ヶ月980円だしな。

テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

結局3PARを買収したのは、HPかよ
先日、 Dellが3PARを買収 した話を書いた記憶があるのですが、その後ドタバタと忙しくてニュースちゃんと見てなかったら、結局 HPが3PARを買収 したのですね。2つの大手ベンダーによる買収合戦で、買収額は最初にDellが提示した11億5000万USDから、24億USDまで倍以上になりました。本件で最もウマーな勝者は、3PARの株主かもねwww

もっとも、上述の記事によれば、Dellは他のストレージベンダーをもっと安いコストで買収できる可能性があるから、3PARを買収できなかったことは、Dellにとってそんなに痛手ではないみたいです。


【関連記事】
Dellが3PAR買収ですと


テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

万能鑑定士Qの事件簿 I/II
万能鑑定士Qの事件簿 I (角川文庫)万能鑑定士Qの事件簿 I (角川文庫)
(2010/04/24)
松岡 圭祐



万能鑑定士Qの事件簿 II (角川文庫)万能鑑定士Qの事件簿 II (角川文庫)
(2010/04/24)
松岡 圭祐



ラノベかとも思ったけど、本文中に全然イラストがないから、普通の小説という判断に。

密林でリコメンドされたので、買ってみたら、すんげーおもしろい作品でした。博学多識の主人公とくれば、初対面の相手のことをズビズバと言い当てて、びっくりさせるというのは、シャーロック・ホームズ以来の伝統ですねw

「力士シール」と呼ばれる謎のシールが都内に貼られまくり、それに興味を持った雑誌(週刊角川w 非実在雑誌ですw)の新人記者が、万能鑑定士を名乗る主人公に出会って、いろいろと話が展開していきます。そして力士シールの話とは別に、同じ番号が振られた2枚の1万円札が登場します。本物と区別できない偽札の登場か!ということで、国内が大パニックで日本がジンバブエ状態になってしまいます。この辺の描写、万が一起きたら確かにありそうな感じで、ドキドキします。力士シールと偽札は当然関係ありそうで、なさそうで、実にうまいなあ。


電子書籍のマイクロコンテンツ化
昨日は G-Search ミッケ! を例に、電子書籍のマイクロコンテンツ化について考えてみました。今日も、もうちょっと続きを。これまで1冊という単位で買っていた雑誌が電子化され、しかも記事ごとにマイクロ化されて売られるようになると、いくらくらいの値付けが適当なのでしょうね?

直感だけで決めつけますが、マイクロ化されたコンテンツを全部買うと、1冊まとめて買う金額の10~20%増しくらいでいんじゃねえかなあと思います。デタラメに出てきた数字じゃなくて、音楽では12曲入りのアルバムが1500円で、1曲ずつ買うと150円てあたりからの類推です。500円の雑誌に同じ分量の記事が5つ入っていれば、1本110~120円て感じ?

だけど雑誌には、大きな特集だけでなく、読み物的な分量の少ないコンテンツが含まれています。こういうのってマイクロコンテンツ化したら、売れなくなるよなあ。でっかい特集があって、それよりは規模の小さい企画記事があって、毎月載っている連載があって、0.5~1pくらいの読み物があって、といろいろ混ざってるからこそ「雑」誌だったわけですが、電子化されていくと、紙的な意味での雑誌はなくなりますね。今の雑誌でいうところの特集記事は有料のコンテンツに、それ以外の小規模な記事無料で見られるものになってくかな。それって、普通のWebで見られるコンテンツと区別がつかんよねw そうなったら、もう雑誌名というブランドは不要ですね。代わりになるのは、筆者さんの名前とか、コンテンツを作っている企業の名前とかでしょうか。

何か電子化が進んだら、雑誌はなくなるって結論になっちゃったよ、おかしいなwww


【関連記事】
電子書籍もマイクロコンテンツ化キタ G-Search ミッケ!


テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

電子書籍もマイクロコンテンツ化キタ G-Search ミッケ!
CDで音楽を買っていた時代は、アルバム単位で曲を買っていたのに、iTunes Storeで買うようになると、気に入った曲だけ選んで買うようになります。CDの時代は、売る側の都合でセットメニューでしか選べなかったものが、iTunes Storeになるとユーザーが本当に欲しいものだけを選ぶことができるようになったわけです。このような変化は、コンテンツのマイクロ化というバズワードw で表現されます。

電子書籍が登場してきて、雑誌を売るようになったら、「電子雑誌」も間違いなくマイクロコンテンツ化してきますね。紙の雑誌作りに携わっている俺でさえ、そう思います。たとえば他社のSoftware Designを見てて気になる記事があったら、今は紙だから1冊まとめて買います(こないだ値上がりしちゃいましたけどねw)。だけど電子化されて、特集記事ごとに買えるなら、必要なところだけ買いますよ、ええ。

などと思っていたら、電子書籍・雜誌の記事単位での販売、 始まった みたいです。ジー・サーチという会社が、同社が手掛けるビジネス分野の電子書籍販売サイト「G-Search ミッケ!」で、雑誌記事等の記事単位での販売を実施するのだそうです。データ形式はPDF、まあビジネス分野ですから、汎用性の高いPDFが最適でしょうね。支払い方法は、ジー・サーチのデータベースサービスIDを使うか、Yahoo! JAPANのYahoo!ウォレットの2つが用意されています。以前からジー・サーチのサービスを使っているなら、データベースサービスIDを使えば良し、個人ユーザーならYahoo!ウォレットでOKでしょう。

早速 G-Search ミッケ! を見てみました。ん~、価格設定で大きくミスをしているような気がします。たとえば週刊ダイヤモンド。紙版を買うと690円です。で、週刊ダイヤモンドの各記事がG-Search ミッケ!ではどう売られているかというと、1~3頁のニュース記事が1本あたり210円、カバーストーリーが全部で5パート(5~11頁/パート)に分割されて315~420円。

高いだろwww


カバーストーリーの一部分見るのが420円なのに対して、紙一冊で690円。ないわwww

まあ、週刊ダイヤモンドのような人気もあって部数もそこそこ出ている雑誌だと割りに合わないかもしれないけれど、各種の調査報告書とかマーケティングレポートなら、納得できる価格設定がなされているのかもしれませんね。


テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。