俺TODAY.org
( ゚Д゚)ウマーな生き方を目指す。良い意味で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOP500 Nov. 2011版きたッ!
年に2回のTOP500の更新、Nov. 2011版 が発表になってました! 1日気付かなかったっすw 今回も神戸にある「京(けい)」が、1位キープ。6月の時はまだ全部完成していなかったため、約8.2PFLOPSでしたが、今回はフルシステムが完成したことで10.5PFLOPSを達成しました。名前の通り、1秒間に1京=1万兆回の浮動小数点演算が実行できるわけですね。これは凄い! 全部完成する前の状態で、6月版TOP500に登録したのは、ひょっとしたら2011年11月までにアメリカの組織が10PFLOPS以上のスーパーコンピューターを発表して、「京」が11月に1位をとれない可能性を考慮したのかもしれません。ですが、Blue Watersが開発中止になり、Sequoiaは2012年に完成予定ということなので、今回の2011年11月版でも「京」が1位をキープするという結果となりました。敵失っぽいけど、(゚ε゚)キニシナイ!! 素晴らしいことです。

上位を眺めてみると、2位に中国のTianhe-1A, 3位がアメリカのJaguar, 5位に東京工業大学のTSUBAME 2.0と、何か既視感のある感じ。何と今回は、上位10システムが前回とまったく同じだったそうです。珍しいな。

国別の統計 を見ると、アメリカが半分以上を占めているのが分かります。次が急速に伸びてきた中国で、74システム。日本は「京」がダントツの1位であるとはいえ、TOP500に入っているシステムは30にとどまっています。「京」のPFLOPSは、中国の全システムを合算した値(10.5PFLOPS)にほぼ等しいため、半数以下のシステムで、計算性能の合算値は日本(14.2PFLOPS)のほうが上回っています。

「京」は理研と富士通が共同で開発したものですが、その富士通は、「京」で培った技術をさらに向上させた PRIMEHPC FX10 というスーパーコンピューターを発表しています。PRIMEHPC FX10は、「京」に搭載されているCPU SPARC64 VIIIfxの進化型であるSPARC64 IXfxを搭載しています。SPARC64 IXfxは16コアで236.5GFLOPS、1ノードあたりSPARC64 IXfxが1個、1ラックに96ノードで22.7TFLOPS、最大構成は1024ラックとなるので、23.2PFLOPSと「京」の2倍以上になるとか。まあ価格が1PFLOPSあたり50~70億円と、x86クラスターのスーパーコンピューターと比べると、ちょっと割高かも? それでもPRIMEHPC FX10は、すでに 東京大学の情報基盤センターに採用 が決まっているみたいです。国内で3つめのペタコンというわけですね。

TOP500のランキングに載るスーパーコンピューターが、XeonとNVIDIAのTeslaベースのクラスターか、IBMのPERCSやBlueGeneの二択になってしまうのは、あまり楽しくありません。富士通には、「第三の選択」になれるくらい頑張ってもらいたいです。


【関連記事】
TOP500 「京」がダントツで1位! TSUBAME 2.0も5位キープ!



RSS
仕事の都合で時々更新が滞ります (-_-;) ので、
RSSリーダーに登録しておくと、便利かもしれません。
俺のお勧めは ライブドア・リーダーです。



スポンサーサイト

テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

Sandy Bridge-E a.k.a. Core i7 Extreme Editionキタ!
intel製CPUのExtreme Editionと言えば、Pentium 4の昔から、クレイジーな(良い意味でw)ハイエンドユーザー向けCPUのブランドです。これまでのCore i7-990X Extreme Editionは、1世代前のNehalemマイクロアーキテクチャをベースにした6コアの製品でしたが、本日Sandy Bridgeベース(Sandy Bridge-E)のCore i7-3960X Extreme Editionが発表になりました! 990Xと同じく6コアですが、実際のダイには8コアが搭載されており、2コアが無効化されているみたいです。ハイエンドクライアント用途では6コアまでで十分という判断なのか、それともExtreme Editionの性能向上の余地を残して、そのうち8コア版Extreme Editionが出るのか。まあどっちもありかなあw

ダイサイズが400平方mmを超えるため、当然価格も高くなります。伝統的にExtreme Editionは999USドルくらいの値段が付けられますが、Core i7-3960X Extreme Editionは990USドル、しかし現在歴史的な円高状態なため、日本国内では76860円(OEM価格、1000個ロット峙)だとか。Extreme Editionにしてはお得感ありありw


Core i7-3960X Extreme Edition


PC Watchの記事 によると、Core i7-3960X Extreme Editionは、前世代のCore i7-990X Extreme Editionと比較して、アイドリング時も高負荷峙にも省電力であり、かつ性能は上回っているとか。う~む、死角なしですねー

本日は、AMDのサーバー用CPU Opteron 6200/Opteron 4200シリーズも発表になったのですが、ちょっと霞んでしまいましたねw



RSS
仕事の都合で時々更新が滞ります (-_-;) ので、
RSSリーダーに登録しておくと、便利かもしれません。
俺のお勧めは ライブドア・リーダーです。



テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

マイノリティになった!w 珈琲豆が買えないw
唐突ですが、俺は珈琲なしでは暮らせません。最近は少しマシになりましたが、以前は珈琲を飲まない時間が長くなると、頭痛がするという難儀な体質でした。そういうわけなので、自宅では珈琲を切らすことはありません。うちでは、挽いてある珈琲豆(粉ですな)を買ってきて、コーヒーメーカーに突っ込んで作っています。もちろん都度挽くほうが美味なのは承知しておりますが、手間や所要時間を考えると俺に一番合っているのは、挽いた状態の豆を買ってくることなのです。

そろそろストックが尽きかけていたので、今週頭くらいから通勤経路のコンビニで、珈琲豆を買おうとしていたのですが、どうも見付けられません。売っているのは、1杯分の挽いた豆が紙のスタンド?に入っているタイプの製品ばかり。たとえばこんなの。ビジネスホテルに置いてあるようなあれ。

キーコーヒー ドリップオンバラエティパック 12Pキーコーヒー ドリップオン
バラエティパック 12P


先月くらいまでは、コンビニで普通に缶や袋に入った珈琲豆が買えたはずなんだけどなあw 今日は最寄り駅周辺のコンビニ3ヶ所を調べたのですが、俺の欲しい珈琲豆はありませんでした。仕方がないので、駅から離れた住宅地エリアにあるコンビニに行き、そこでやっと1種類だけあった珈琲豆、しかもラスト1個を発見し、買ってきました。(∩´∀`)∩

もちろんスーパーマーケット的なお店に行けば、俺の欲しい珈琲豆は入手できると思いますが、今の俺の生活パターンだとコンビニ頼りにならざるを得ません。あとはアマゾンかw コンビニに置いてない商品を欲しがるのは、すなわちマイノリティです(ホントかw)。どうやら俺は、マイノリティになったみたいですw それにしても、先月までは間違いなくコンビニで珈琲豆が買えたんだけどなあ。どこのチェーンもいっせいに珈琲豆扱わなくなったの? 裏の事情を探ったりすると、こんな夜中に誰か来たようだ、になるかもしれないので、追求はしませんけどねwww


RSS
仕事の都合で時々更新が滞ります (-_-;) ので、
RSSリーダーに登録しておくと、便利かもしれません。
俺のお勧めは ライブドア・リーダーです。



テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

AMD FXの8コア版、発売された! だがしかし…
先月の23日に、Bulldozerアーキテクチャを採用したコンシューマー向けプロセッサー、AMD FX(コードネーム:Zambezi)が発売になったけど、その時はFX-6100, FX-4100という6コア、4コアの製品だけでした。オーバークロックのワールドレコード達成したりで話題になっていた8コアモデルは、発売が遅れ、しかも未定とのことだったのです。ちょっとばかしやきもきしていましたが、11月4日に発売になったみたい です。わずか2週間ほどの遅れでしたね。あれかな、単に2回発表イベントをやりたかっただけなのかもw

発売になったのは、AMD FX-8150とAMD FX-8120の2グレード。AMD FX-8150は水冷クーラー付きで33800円前後、AMD FX-8120は一般的な空冷クーラー付きで18800円前後だとか。水冷クーラー付きのAMD FX-8150は日本市場向けの限定版らしいですね。

AMD FXはTurbo Coreと呼ばれる自動オーバークロックの機能があり、通常の最高クロックよりも高いクロックで駆動されます。そのTurbo Coreも全コアに効くものと、半数のコアにだけ適用されるMax Turboというものがあるみたい。AMD FX-8150は3.6/3.9/4.2GHz、AMD3.1/3.4/4.0GHzとなります。久々に高クロック路線復活って感じだけど、これだと消費電力高そうなイメージありますねw

高効率を目指したBulldozerアーキテクチャですが、結局今でもシングルスレッド性能が効くアプリケーションていっぱいあります。というかむしろまだそちらが主流。そういうわけで、各種のベンチマーク結果は、惨憺たる状況のAMD FXシリーズです。たとえばWindows 8で内部的に大幅にマルチスレッド化が進み、Windows 8はAMD FX使うと超快適、みたいな展開にならないと厳しいでしょうね。現にAMDは、人員を一割削減する大規模なリストラ 実施するなど、苦しい状況が続いてるみたいですし…

intelと比較すると、AMDは規模が小さいので、複数のプロジェクトを並行してとかは難しいみたいだけど。Bulldozerアーキテクチャの進化以外に、外部の企業が提供するARMコアにRadeonのGPUコアを統合するARM版のFusionみたいなのやって、タブレット市場に進出とかやらないとやばいんじゃね? すなわちTegra対抗的な製品。


【関連記事】
AMD FX 10/23より販売開始! だけど…
Zambezi A.K.A. AMD FX キタ━(゚∀゚)━!けど、性能が orz



RSS
仕事の都合で時々更新が滞ります (-_-;) ので、
RSSリーダーに登録しておくと、便利かもしれません。
俺のお勧めは ライブドア・リーダーです。



テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。