俺TODAY.org
( ゚Д゚)ウマーな生き方を目指す。良い意味で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Ubuntu 12.04 LTS出た!
人気のLinuxディストロ Ubuntu の最新版にして、2年振りのLTS = Long Term Support版であるUbuntu 12.04 LTS(コードネームPrecise Pangolin:精緻なセンザンコウ)が、予定通り、26日の21時頃(日本時間)に公開されました。LTSということもあり、注目度は高く、22時過ぎには ubuntu.com が落ちていたほどでしたw


pangolin.png


Ubuntuは、非常にハイペースで進化が続くディストロであり、インターフェイスも大きく変わったりします。まあでもそこがいいんです! (`・ω・´)ゞ

きっと次の Ubuntu Magazine は、Ubuntu 12.04 LTSの大特集なんだろうな。いつ頃発売になるのかなあw

[ステマ]



RSS
仕事の都合で時々更新が滞ります (-_-;) ので、
RSSリーダーに登録しておくと、便利かもしれません。
俺のお勧めは ライブドア・リーダーです。


スポンサーサイト

テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

噂のGoogle Driveはじまた。
Dropbox, SugarSync, Bitcasa, Yahoo!ボックスなどなどクラウドストレージサービスはたーーくさんありますが、Yet Another Another Another Cloud Storageが登場しました。今度は大物ですね。Google Drive だそうです。

5GBまで無料。それ以上の容量あたり月額料金は以下のとおり。


25GB2.49USD
100GB4.99USD
200GB9.99USD
400GB19.99USD
1TB49.99USD
2TB99.99USD
4TB199.99USD
8TB399.99USD
16TB799.99USD



最大16TBってwww よく見ると、100GBから上は容量あたりの価格が全部いっしょ。ボリュームディスカウントなしですね。Dropboxだと50GBで9.99USD/月もしくは99.00USD/年。後発サービスだけあって、ずいぶんと安いですね。

クラウドストレージって、Webサービスの中でも最もコモディティ化しやすい、差別化が難しい領域だと思います。ローカルのストレージで決められたフォルダーにファイルを保存したら、クラウドに自動ウプされるくらいまでは、どのサービスだって実現できて当たり前だし。対応環境もWindows, Mac OS X, iOSあたりに対応していれば、事実上困りませんし。(俺が大好きなDropboxは、これ以外にLinux, Android, Black Berryもカバーしてますw)

あとは、バックアップ用ユーティリティとか、他のユーザーとのファイル共有とかのやりやすさで工夫するくらい? 結局、容量あたりの価格勝負になります。ならばなぜ、金のないスタートアップ企業がクラウドストレージのサービスを立ち上げられたかというと、そこはそれAmazon S3を使ってたりするからですね(Dropboxの場合)。自前でデータセンターも膨大な容量のストレージも持っているGoogle先生は、Amazon S3を利用するライバルに伍していけるでしょうか。価格競争に持ち込まれると、Dropboxのような小さいスタートアップ企業は、苦しいかもしれませんね。




RSS
仕事の都合で時々更新が滞ります (-_-;) ので、
RSSリーダーに登録しておくと、便利かもしれません。
俺のお勧めは ライブドア・リーダーです。


テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

蔦橋 a.k.a Ivy Bridgeきたね
インテルのCoreプロセッサーもついに 第3世代 ですよ。これまではコードネームでIvy Bridgeと呼ばれていたものですが、Core i7/i5として登場です。Ivy Bridge版のCore i3は、まだ先? Ivy Bridgeは世界初の22nmプロセスで作られたプロセッサーで、さらにもう一つ世界初の3次元トランジスター(ワッフルみたいな写真のあれw)技術が投入されています。俺みたいな技術オタクは、こういうバズワード好きだけど、一般のユーザーにはそんなの関係ないっすねw


3rd_Gen_Intel_Core_i7.jpg

3rd_Gen_Intel_Core_Die_Flat.jpg



早速各所で、ベンチマークの結果が公開されてるみたいです。前世代のSandy Bridgeと比較して、性能が上がっているのはもちろんですが、高負荷時でも消費電力が低めに抑えられているのは凄いですね。つまり、電力効率は激しく向上しているというわけ。もうね、AMDの製品と比較するのは酷というものです (;´Д`)

Ivy Bridgeは、新しい「7シリーズ」チップセットと組み合わせることで、PCI Express 3rd Gen. も使えたりするところが新しいですね。さらにさらに、プロセッサーに統合されたグラフィック機能も強化されており、3画面同時表示にも対応するとか。マルチディスプレイにはdGPU(discrete GPU)が必要だったのも、もはや過去の話です。そして、3画面分のピクセルをハンドリングできるほどの性能があれば、Retina Displayもいけちゃったりしますよね、きっと。というわけで、次のMacBook AirはIvy Bridge+Retina Displayじゃね? というもっぱらの噂です。どーなるんでしょうね。



RSS
仕事の都合で時々更新が滞ります (-_-;) ので、
RSSリーダーに登録しておくと、便利かもしれません。
俺のお勧めは ライブドア・リーダーです。


テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

【書評】スマートテレビ スマートフォン、タブレットの次の戦場
スマートテレビ スマートフォン、タブレットの次の戦場 (アスキー新書)スマートテレビ
スマートフォン、タブレットの次の戦場
(アスキー新書)

(2012/04/10)
西田宗千佳


西田宗千佳氏のスマートテレビに関する考察本。わりと外れの多い(をぃ)アスキー新書ですが、本書も含めた2012年4月の新刊は、粒ぞろいというかどれも良いですね。スマートテレビとは、デジタル化し、さまざまなソースの映像を再生できるようになり、新しいUIを備えたテレビのこと。いわば家電であったテレビが、コンピューター化したものがスマートテレビというわけですね。

直近の決算で、日本の家電メーカーが大赤字を計上しました。その原因の1つとして、テレビ事業の失敗が挙げられています。日本の家電メーカーがやってしまったテレビ事業の失敗とは、画質にこだわり過ぎたあまり、ユーザーのニーズを見なかったこと。その辺うまくやってのけたのが、韓国のサムスンでありLGであると。

この例でもそうですが、どうも日本のメーカーは、技術とか性能にこだわり過ぎて、過剰品質で失敗するきらいがあります。かつて俺が勤めていた化学系の会社でもそうでした。CD/DVDドライブのピックアップレンズ用の材料を作っていたセクションがあるのですが、そこでは光学特性が優れている分、値段も高い材料を作ってました。ですが光学ドライブなんて、必要なスペックが決まっていて、あとはいかに安く仕上げるかの勝負でしかありません。そういうわけで、この商売はうまくいってませんでしたけどね。

何というか、技術というのはそのものに価値があるんじゃなくて、その技術を応用してニーズを満たしていくことに価値があると思うのです。日本のメーカーには、その後段の考察が足りてない気がします。技術者はスペック厨ではいかんと思うのです。

じゃあ日本の企業がなぜスペック厨になってしまうのか? それは日本のお客さんが、ムダに過剰品質を求める性向があるからじゃないかと思います。国民性?なのかなあ。機能一覧表に○×つけて、○がたくさんある機種が優れていると思い込んで、ムダに高い機種買う日本のお客さんがいるからこそ、メーカーも過剰品質に突っ走ってしまったと。おもいっきりスマートテレビから外れてしまいましたが、そんなことを想起させる一冊でありました。

ページ数も少なくて読みやすいのですが、その分、ツッコミが淡白な部分も感じられます。なので、何となく続編が出るような予感w



RSS
仕事の都合で時々更新が滞ります (-_-;) ので、
RSSリーダーに登録しておくと、便利かもしれません。
俺のお勧めは ライブドア・リーダーです。



テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

任天堂もネット課金始めるみたい
ついにというか、やっとというか任天堂も ネット課金 商売を始めるみたいですね。19日に発売になったばかりの ファイアーエムブレム 覚醒 は、ゲーム本体はこれまで同様小売店で発売するけど、追加シナリオをネットで販売するようになるとか。

ファイアーエムブレム 覚醒ファイアーエムブレム 覚醒
(2012/04/19)
Nintendo 3DS


任天堂がこれまでネット課金に消極的だったのは、やはり小売店への遠慮があったからなんだと思うけど、もう十分に義理は果たしたんじゃねえかな。正直、ネット課金の導入は遅すぎたくらいだし。

報道のされ方見てると、任天堂が赤字目前なんで、(グリーなどと同様のあこぎな)ネット課金を始めます、的なミスリードを狙ってるみたいで、ちょっとヤナ感じがしますけどねw 任天堂が、あこぎなガチャとか導入するわけじゃないだろう。

ゲーム本体は普通にパッケージ販売して、追加シナリオを販売ていうのは、ネット販売の一番初期の形態ですね。次の段階は、ゲーム本体とゲームのさわり部分は無料でダウンロードして、追加要素を購入て形態でしょうか。その先の課金モデルが、ガチャみたいな邪道以外、なかなか見えてこないんすよねえ。



RSS
仕事の都合で時々更新が滞ります (-_-;) ので、
RSSリーダーに登録しておくと、便利かもしれません。
俺のお勧めは ライブドア・リーダーです。



テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

ケータイの絵文字デザインが共通化
KDDIは今後発売する携帯電話の絵文字を、ドコモの絵文字のデザインに近い ものに変更するらしいです。イー・アクセスも同様の方針みたい。これによって、絵文字を利用した携帯メールがよりスムースになるのかも。この件、「ソフトバンクはどうなの?」という感じですが、ソフトバンクは2008年夏モデルの時点で、ドコモの絵文字に近いデザインのものに変更されているようです。ウィルコムも同様です。これで、国内キャリアの絵文字は、ほぼ共通化されたということですね。

俺は、今のauガラケーに使われている派手めな絵文字がけっこう気に入ってます。ドコモの絵文字というのは、単色でわりとシンプルなものが多いみたいですね。ちょっと残念な気もしますが、まあそのうち慣れるでしょうw

ところでケータイの絵文字で俺が一番多く使うのは、もちろん「う○ち」ですwww
iPhoneのう○ちは、顔が描いてあったりしてカワイイですw ところがGmailのう○ちは、アニメーションでハエが飛び交っているリアル版なんですねこれが。今、確認のために、iPhoneからう○ちの絵文字入りメールをGmail宛てに送ってみたら、何と! 顔が付いたカワイイ絵文字になってました! えーでもこの絵文字、Gmail上ではどうやって入力するんだろうw

Gmailで「書式あり」メールを作成すると、絵文字を入力することができますが、Gmailで使える絵文字は2セットあるように見えます。タブで切り替えられるようになってるっぽいです。で、う○ちも2種類ありますw 片方がハエが飛んでるバージョンです。


スクリーンショット 2012-04-19 1.49.27




上の画像の1つめと2つめが、PC/MacのGmailで入力できるう○ち、3つめは、iPhoneからう○ちを送ると表示される絵文字です。この3つは、iPhoneで見ると全部同じいつもの顔つきう○ちになりますw

ドコモ仕様の絵文字だと、う○ちはどう表示されるのか知りたくて調べていたら、こちらのサイト を見付けました。残念なことに、ドコモの絵文字には、う○ちはないみたいです orz 何とかこの伝統文化(違)が継承されて欲しいですねw




RSS
仕事の都合で時々更新が滞ります (-_-;) ので、
RSSリーダーに登録しておくと、便利かもしれません。
俺のお勧めは ライブドア・リーダーです。


テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

Windows 8のSKUが判明。ARM版はWindows RT?
次期Windowsである“Windows 8”って、仮称だったのですね。知らなかったw それがこのたび 正式名称 となったみたいです。

合わせて、Windows 8のエディションも明らかになりました。ソースは Microsoftの公式ブログ です。無印のWindows 8と上位版のWindows 8 Proとシンプルになりました。またSoftware Assurance契約に基づいて提供されるのは、Windows 8 Enterpriseです。いずれも32 or 64ビットバージョン(x86/x64)があるのでしょうね。Windows 7/Vistaと比べると、ずいぶんとシンプルなラインナップになりました。以上はすべてx86アーキテクチャのPC用ですが、もちろんARM版もあります。名称は“Windows RT”だそうです。ARM版の名称は“Windows RT”だそうです。大事なことなので、2回言ってみました。つまり、

Windows 8 RTじゃないんですよ、これ!

Windows 8を最初に発表したころ、Microsoftは、x86版とARM版のWindows 8に互換性を持たせると表明していました。この互換性があるのは、WinRTという新しいアプリケーション実行環境上で動く、メトロUI準拠のソフトウェアの話です。

とはいえ、x86版とARM版で「互換性がある」と聞けば、大多数のユーザーは、x86 PCで動いていたアプリがARM搭載タブレットで動くことを期待します。すなわち、今使ってるPC用のWindowsアプリが、ARM版Windows上でも使えるんでしょと思うわけです。x86とARMの性能差を考えれば、それは無理ってこと、PCヲタなら当たり前に理解できることなんですけどね。

これは俺の想像というか妄想でしかありませんが、「x86用Windowsのアプリが動かない!」という文句が殺到するのを避けるため、ARM版WindowsはWindows 8を名乗らないことになったんじゃないすかね。名前違いますから! 別の製品ですから! ていうことですね。

これでWindows RTは、単に「最後発でデビューするタブレット用OS」ということになりました。x86 Windowsとの互換性があっても、iOSやAndroidに伍していけるのかどうか微妙だったのにね。すでにiOSやAndroid搭載デバイスが何千万台もある状況で、ゼロからスタートのニューカマーであるWindows RTがどこまでシェアを伸ばせるのか。正直Windows RTは、デビュー前からオワコンになってしまったような気がギュンギュンします。




RSS
仕事の都合で時々更新が滞ります (-_-;) ので、
RSSリーダーに登録しておくと、便利かもしれません。
俺のお勧めは ライブドア・リーダーです。


テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

第3世代VelociRaptorキタッ…
VelociRaptorと言えば、Western Digital から出ている10,000rpmの高速型HDDです。高速化のため?2.5インチのプラッターを採用しつつ、ヒートシンク的なケースが取り付けられていて、3.5インチHDDにカテゴライズされております。

一時期は廃エンドユーザーの定番という位置付けの製品でしたが、最近は AKIBA PC Hotline! の価格情報にも出ていないので、もう終わりなのかと思っていたら、第3世代のVelociRaptor が登場しました! 前の世代までは容量が小さめでしたが、第3世代ではついに1TBのモデルが登場しました。他のモデルは500GB, 250GBとなっています。SATA 6Gbpsのインターフェイスを備え、転送速度は200MB/sだとか。価格は250GB, 500GB, 1TBモデルがそれぞれ159.99USD, 209.99USD, 319.99USD、円ドルレート81円とすると、だいたい12960円、17010円、25920円すね。円高のおかげもあって、そんなに高くないかも。



wdfVelociRaptor.jpg



確かにHDDで200MB/sの転送速度を実現したVelociRaptorは凄いと思いますが、SATA 6GbpsのSSDなら400~500MB/s台の製品もあるわけで、それらと比較するとね。またVelociRaptorはHDDなので、転送速度が高くてもIOPSはそれほどでもありません。この辺はもうSSDの独壇場です。

それに今ではHybrid HDDというソリューションもあります。2TB HDD(1万円くらい)と HDDキャッシュ用のSSD(9000円くらい) を組み合わせれば、容量2TBでVelociRaptorに近い性能のストレージが実現できます。してみると、VelociRaptorじゃなければ、という用途があんまり見えてこないんすよね…

HDDを高速化していく進化が「持続的イノベーション」であるとすれば、SSDは「破壊的イノベーション」です。もうね、これは教科書に載せても良いくらいの典型的な例です。初期のSSDは容量が小さくて、ちょっと使いづらかったけど、最近は120~240GBクラスの価格もこなれてきて、プライマリーストレージとして問題なく使えるレベルになりました。2012年のタイミングで「高速HDD」というのは、外してる感じがします。発表早々にdisるみたいで申し訳ないんだけど、第3世代VelociRaptorは、持続的イノベーションの最終世代っぽい気がします。




RSS
仕事の都合で時々更新が滞ります (-_-;) ので、
RSSリーダーに登録しておくと、便利かもしれません。
俺のお勧めは ライブドア・リーダーです。



テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

FacebokがInstagramを10億ドルで買収ですと
Instagramはケータイやデジカメで撮った写真を、イカした感じに加工して紹介できるWebサービスです。俺自身は使ってなかったのですが、FacebookやTwitterでリンクをクリックすると、Instagramのページを見ることが多かったので、人気あるんだなあくらいには把握しておりました。

Facebook経由で意識することの多かったInstagramですが、何とそのFacebookによって
買収されました。すでに古い話になってますねw 買収金額は10億ドル、800億円以上ですね。(;´Д`) 最近のネットベンチャーのM&Aをきちんと追っているわけではないのですが、この金額はけっこうでかいんじゃないでしょうか。特筆すべきは、Instagramはこれまでマネタイズ戦略を表明していなかったため、起業後の売り上げはゼロだということ。売り上げ額ゼロの企業に10億ドルの値札が付くというのは、驚きです。

また、最近の俺の仕事にも関連しているということで興味深いのは、InstagramのバックエンドがUbuntu 11.04(一角獣w) であるということです。Ubuntuを始めとする多くのFLOSSを組み合わせ、ハードウェアも自前で用意せずにAmazon EC2を活用することで、Instagarmは起業後わずか1年半で10億ドルの価値を創造したということですね。しかもInstagramのエンジニアは、わずか3人なのだとか。これはWeb系ベンチャー企業のベンチマーク(この表現を使ってみたかったw)となる事例ですね。

何となくですが、日本では起業の成功譚を「いつかは大企業に成長」というものしか考えていないような気がします。ですが、起業して存続するだけでも大変なのに、大企業に成長するというのはさらに困難です(そして運の良さも必要に)。そんな困難な道にこだわるよりは、有用だけどまだどこもやっていない技術を創り上げて、大企業に買収してもらうほうが、少しでも成功の確率が上がるんじゃないすかね。

その辺、すごく分かりやすい言葉でまとめられているサイトを見付けました。漂流する身体。 というサイトです。

ネット界隈での起業というのも、独立で運営できる企業体を作っていくというより、Google, facebook, Apple, Microsoft, Amazonの5クライアントに対して、何か売れる商品を企画する、という商品企画的な発想の方が効率が良い感じがしてくる。


素晴らしい!



RSS
仕事の都合で時々更新が滞ります (-_-;) ので、
RSSリーダーに登録しておくと、便利かもしれません。
俺のお勧めは ライブドア・リーダーです。



テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

iPadを外部ディスプレイにできるアプリですよ
入手しようとは思ってるのですが、未だに「新しいiPad」を手に入れておりませんw 余分な費用をかけたり、手間かけるのがいやなので、普通に入手できるようになるのを待っております。

新しいiPadの最大の特徴といえば、やはりQuad XGA = 2048x1536の超高精細なディスプレイです。フルHDを超える解像度で700グラム程度の軽さは、携帯して使えるコンピューターのサブディスプレイに最適っすよね。新しいiPadが出る前、こんな仕組みのアプリ出ないかなあと 妄想 してたりしました。そしたら、本当にあるみたいです! TechWaveで紹介されていた のを発見しました。Air Display というアプリケーションだそうです。前からあったみたいだけど、最近バージョンアップして新しいiPadの解像度にも対応したようです。


20120404mac-ipad.jpg


Air DisplayはiPad(iPhoneも可)をMacもしくはWindowsのサブディスプレイとして使えるわけですが、Android版とかMac版もあるみたい。やっぱ一番使い勝手がありそうなのは、iPad版ですねー。国内での価格は850円だそうです。これはリーズナブルじゃろう。あー早く新しいiPad入手できるようにならないかなあw


【関連記事】
iPadの新型は、3/8(日本時間)で決定?


RSS
仕事の都合で時々更新が滞ります (-_-;) ので、
RSSリーダーに登録しておくと、便利かもしれません。
俺のお勧めは ライブドア・リーダーです。



テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。