俺TODAY.org
( ゚Д゚)ウマーな生き方を目指す。良い意味で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガラホとか(ヾノ・∀・`)ナイワ~(名前的に)
なんか最近、ガラホとか変な言葉を見聞きすることが増えてきました。「ガラパゴス・ケータイの形状をしたスマートフォン」で略称「ガラホ」。それならガラスマだろ! という気がしないでもないですが、ガラスマと言った場合は、グローバル展開を考えずに「日本国内での用途に特化したスマートフォン」という意味合いになる気がします。

そもそもで『なにをもって「スマートフォン」を名乗って良いのか』が、けっこう人によってばらばらな感じがします。適当に無頓着にガラホという言葉を使ってるサイトやブログを見てみると、どうもAndroidを使っているという理由で、スマートフォンと称しているようです。それでいて数字のボタンがついていて筐体が2つ折りになるからガラケー、よってガラケーかつスマートフォンなのでガラホなのだとか。
それは(ヾノ・∀・`)ナイワ~ それは単に「OSにAndroidを採用したガラケー」でしょ。

スマートフォンの明確な定義はありません(Wikipediaにもそう書いてありますw)が、俺としては、ユーザー自らがアプリを選択できるPC的な使い方ができるデヴァイスがスマートフォンだと思ってます。こういうようにシンプルにスマートフォンを定義すると、そこから外れるスマートフォン的なものもあるのかもしれません(ざっと考えただけでは、思い付きませんがw)。

なので、OSがAndroidでお仕着せのアプリを使う製品はやっぱりガラケーです。ガラケーが悪いわけではありませんが、無理にガラホみたいな頭悪く見える造語を作る必要もありません(とか言いつつ、以下ガラホという言葉を使いまくりですが)。

ガラホが登場してくる理由は、旧式の低効率な回線を利用するガラケーを減らしていきたいというキャリアの意向があるからでしょう。現時点でガラケー使ってるユーザーというのは、スマートフォンには興味がない=コンピューターを持って歩きたいとは思わない人々ですから、彼らにガラケー→スマートフォンの移行をさせるのは、どうやっても無理です。

機能的にはガラケー(音声通話とメールが主体)で4G回線が利用できるガラホは、ガラケーユーザーの需要も満たしつつ、キャリアとしてもありがたいということでしょうね。ガラホという名前はだっせーですが、Androidを採用したガラケーは製品としては、超アリです。


RSS


スポンサーサイト

テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

未来の予測は難しい
あけましておめでとうございます。
すっかり更新回数が少なくなってしまった本サイトですが、しぶとく生きていますので、引き続きよろしくお願いします。

NHKで 未来予想の特番 が放映されました。と言っても、俺は見忘れて、1/5の再放送待ちなのですが。♪~ <(゚ε゚)>

ずっと以前からのことですが、未来予測って当たりませんよねほんとに。2015年になっても車は空飛んでないし、動物と会話できるようになってないし、宇宙旅行もできないし。

逆に、ここ数年で使えるようになったテクノロジーや製品で、前世紀に予想されていたものがどれだけあるでしょう? スマートフォンやタブレットが今のような形状になっているとは、誰も考えていなかったのでは?

1990年代になされた技術予想で、「当たり」と言えるのは、Bill Gatesが1996年頃に掲げたスローガンである“Information at you finger tips”くらいじゃないすかね。この言葉にしても、10年後を予想したものらしいけど、実現したと言えるのは2013〜2014年くらいだし。しかも皮肉なことに、“Information at you finger tips”を実現したのは、AppleのiOS搭載機やGoogleが開発したAndroid搭載機で会って、Microsoftの製品ではありません。Windows Phoneはいつまでたっても「第三のOS」ですし。

slide-6-(gates-touchwall).jpg


そうは言っても、アラン・ケイのように、

未来を予測する最善の方法は、それを発明することだ

と、自らのビジョンに従って未来を発明するのは、誰にでもできることではありません。それどころか、ちょっと先の未来を見据えて、そこに向かっていくことでさえ簡単ではありません。2015年の俺は、なんとかそのように進んで行きたいと思います。という新年の抱負でした。

RSS


テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。