俺TODAY.org
( ゚Д゚)ウマーな生き方を目指す。良い意味で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017年にARM版Windows 10が出るらしい!
Microsoftの開発者向けイヴェントで、ARMWindows 10の投入(時期は2017年)が発表されたみたいです。MicrosoftはQualcommと組んでいるようで、QualcommSnapdragon(の高いほう)で動くみたい。Windows 10 Mobileは、なんかもう無理っぽいですかね...

ARM用のWindowsと言えば、Windows 8の頃にWindows RTというのが出ましたが、既存のWindowsアプリケーションが使えず、ストアアプリのみということでまあ大失敗しました。ARM版Windows 10でも、既存のWin32アプリケーションが使えなければ、Windows RTと同じ轍を踏むことになるのは必定ですが、なんとなんとエミュレーター(バイナリトランスレーター)を介して、Win32アプリケーションが実行できるということらしいです! これは驚き。

ARMとx86で比較すると、x86のほうが確実に性能が高いので、より低スペックのCPU(SoC)で高スペックのCPUをエミュレートしても、現実的なスピードで動作できるのか? というのが最大の関心ポイントです。

ARMのSoCを搭載したタブレットで、Win32アプリが動くようになるならば、昨今の2-in-1ノートブックよりも人気出るんじゃないですかね。もちろんフルスペックのx86 PCよりは性能も低いし、制限も多いだろうけど、低価格でバッテリー駆動時間が長くてコンパクトなデヴァイスで、Win32アプリケーションが使えれば素晴らしいです。もしかしたら、破壊的イノヴェーションになるかもしれませんね。
スポンサーサイト

テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。