俺TODAY.org
( ゚Д゚)ウマーな生き方を目指す。良い意味で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DroboPro !
個人でテラバイトオーダーのデータを所有することも普通になった昨今ですが、大量のデータを「安全に」所有するのは、やっぱり大変です。以前はRAID 5やRAID 10でいいじゃんと思っていました。ですが、 Doblog の件を見ても分かるように、RAID 5は1台のHDDが?だ際、リビルド中に残りのHDDの全領域をアクセスするため、潜在的なエラーが顕在化する可能性が、わりと高いみたい。また、友人宅のマシンでRAID 10のボリューム(これはお安いソフトウェアRAIDの話だけど)に含まれるHDDが1台?で、リビルド中に他のHDDも逝ったという話を聞きました。

もうね、どこまで金かけるかって話に帰着してしまうと思うのですが、テラバイトのデータを安全に、しかも手間をかけずに管理するのって、難しいですよねー。リムーバブルメディアにコピーを取る、みたいに新たな作業が発生するやり方は、ありえないし。

俺自身は、わりといいかげんというか、ケセラセラ的。デスクトップPCにデータが入ってて、大事な物は鯖のHDDにコピーを置いてある。鯖には2台のHDDを積んでいて、特に大事な物は、dailyでメインHDD → サブHDDにコピー。スマートじゃないですねw

予算があれば導入したいのが、Data Roboticsの Drobo です。この製品のえらいところは、管理に手間がかからないこと。とりあえずHDD 2台刺して運用開始、実効容量をどの程度消費しているかは、フロントの10個のLEDがいくつ点灯しているかで分かります。空き容量が足りなくなったら、HDDを買ってきて追加するだけで、自動的にデータを再配置してくれます。4つあるドライブベイが全部埋まった後は、一番小さい容量のHDDを抜いて新しいHDDに交換すればオケ。

HDDが故障した場合も、どのドライブがいかれたか、きちんと指示してくれるので、「間違って正常なHDD引っこ抜いて、RAID 5のボリュームこわしちゃったw」的な間違いは避けられます。HDDの抜き差しは電源入れたままでも可能なので、いったん使い始めたら、停電以外はずーっと使い続けられる賢い製品です。

Droobの冗長化技術は、RAIDそのものではないみたい。以前は「RAIDとは違うアレイ技術」と表現していたけど、最近では BeyondRAID というバズワードw を使い始めたみたいです。

Droboはミラーリングもしくはシングルパリティ(RAID 5相当)なので、リビルド時のトラブルと無縁ではないだろうなあと思っていたら、 DroboPro という上位製品が出ていたのですね。8 HDDまで搭載できて、ダブルパリティ(RAID 6相当)にも対応してるみたい。ヤバイ、欲しいな、これw

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
なかなかお高いですね。Droboで10年戦えると思っていたユーザはProが出てしまい、ショボーンかもしれません。
コントローラ側の故障も怖いです。異なるサイズのHDD2台でミラー出来て、コントローラが故障の場合はHDDを取り出して単発でアクセス出来る方が、私は嬉しいかも。
2009/05/01(金) 21:24:19 | URL | nabeken #- [ 編集 ]
確かにコントローラー(RAIDカード)の故障も怖いですよね。Droboの場合、本体が故障したら、もう壱台買ってきて、HDDをぶっ刺せばいいんですかね。そうやって買い直すには、DroboProはもちろん、4ベイのDroboもお高いんですがw
2009/05/02(土) 02:00:07 | URL | おれおれ、俺だけど #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://oretoday.blog10.fc2.com/tb.php/182-9947ab6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。