俺TODAY.org
( ゚Д゚)ウマーな生き方を目指す。良い意味で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
富士通のHDD事業は東芝と昭和電工に
2月にも書いた けど、富士通HDD事業は 東芝に売却 みたいですね。また、HDDメディア事業は 昭和電工に売却 だとか。

日本企業にしては珍しく、ちゃんと 選択と集中 しましたね。

もうねHDD業界って、ほんとに厳しい業界で、昔はたくさんの会社があったのに、今では三強の Seagate , HGST , Western Digital と、プラス1的な Samsung に集約されてしまいました。そのHGSTも全然儲けが出なくてヨタヨタしている状況では、専業メーカーでない会社は撤退が正解でしょう。富士通もよくぞ決心したって感じ。

てな話を職場でしていた時に、同僚の一人が「価格以外の付加価値をがんばって付けてみるって気にはなんないのかねー」的なことを言うんです。まあ具体的には信頼性を上げてほしいってことらしいんだけど... HDDの信頼性って、外から見ても分からないからなあ。

たとえば「2倍信頼性が高い」と言われても、見た目が変わるわけじゃないし。実際、SASのHDDは、SATA HDDと比較して、エラーレートは1桁低いそうですね。ソース忘れましたがw でも俺が秋葉原でHDD買う時は、もうはっきり言って値段しか見てないす。信頼性はディスクアレイとかOSとかのレイヤーで担保すれば良いわけで。

というわけで、今後もHDD市場は熾烈な価格競争が続くでしょう。専業でない富士通がHDD事業から撤退したのは、正解です。明日は富士通株全力買い!

投資は自己責任で、なw

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
詳しくないのですけど。
HDDは方針通りなので材料にはならない、台灣積體電路社との提携話の方がインパクトがあるけれど、噂で買って事実で売るとも言うし...と思っていたら、株価はかなりageましたね。
2009/05/01(金) 21:34:01 | URL | 匿名希望 #- [ 編集 ]
SAS と SATA でどうしてそんなに信頼性が異なるのか、どうも理解できないのですよね。HDD の故障って、メカトラブルかコンデンサの劣化、磁性体をプラッタに貼り付けている接着剤の劣化ぐらいしか原因が思いつかないのですが、同世代のSASとSATAでそんなに違うものを使っているんでしょうか?
2009/05/01(金) 23:35:16 | URL | Ataru. #- [ 編集 ]
インターフェイスそのものが信頼性に寄与するわけではなく、使われている部品の性能なんでしょうね。
まったくの想像ですが、個別の部品を高品質なものにすると同時に、部品間の擦り合わせ的なことも行なわれているのではないでしょうか?

S高、来ましたね。まあ市場全体もage基調ではありましたが。
2009/05/02(土) 01:56:47 | URL | おれおれ、俺だけど #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://oretoday.blog10.fc2.com/tb.php/184-950fe3b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。