俺TODAY.org
( ゚Д゚)ウマーな生き方を目指す。良い意味で
カノニカルがクラウドのサポートサービス開始
人気のLinuxディストロであるUbuntuの開発元のカノニカルが、 クラウドコンピューティングのサポートサービスを始めた みたい。Ubuntuは8.10から、オープンソースのクラウド技術であるEucalyptusが組み込まれてます。Eucalyptusは、Amazon EC2(Elastic Compute Cloud)と互換のAPI) を備えており、Eucalyptusを用いればいわゆる「プライベートクラウド」を構築できるようになっています。

Eucalyptusはユーカリの葉のことですが、クラウドのほうのEucalyptusは、Elastic Utility Computing Architecture for Linking Your Programs To Useful Systemsの頭文字だとか。強引だなあw

Ubuntuは、頭韻を踏んだ形容詞+動物名という形式のコードネームが付いていることで知られています。Ubuntu 8.10はIntrepid Ibex(勇敢なヤギ), Ubuntu 9.04はJaunty Jackalope(軽快なツノウサギ)という感じです。次のUbuntu 9.10はKarmic Koala(霊的なコアラ)だそうです。これってやっぱりEucalyptusを食べるのはKoalaだよね、ってことで決まったのかなあwww

今年の4月にUbuntu Enterprise Cloudのテクノロジープレビュー版が発表されて、今回のサービスUbuntu Enterprise Cloud Serviceは、これをサポートするものみたい。価格は一番安いもので年間4750弗(物理鯖5台/仮想Ubuntu鯖25台まで)とそれなり。プライベートクラウド環境の構築ってどれくらいが相場なのか分からないけど、わりと安いのかも。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://oretoday.blog10.fc2.com/tb.php/242-fb5460de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック