俺TODAY.org
( ゚Д゚)ウマーな生き方を目指す。良い意味で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3ビット/セルのフラッシュメモリーが出るらしい
フラッシュメモリーは、SDカードをはじめとする小型のメディアや、SSD(Solid State Drive)に用いられている不揮発性メモリーです。1セルで1ビットの記録ができるSLC(Single Level Cell)と、1セルで2ビットの記録ができるMLC(Multi Level Cell)があります。

フラッシュメモリーは絶縁体で囲まれた浮遊ゲートに電荷を入れて、電荷の有無で1ビットを表すのがSLC, 電荷の量を見て4値の区別をして2ビットを表すのがMLCということになります。電荷の有無をチェックするだけなのでSLCのほうが速くてMLCは遅いけど、MLCは大容量にできます。またMLCは電荷の量の違いでデータを表すので、書き込み回数制限がSLCよりも1桁少なくなっています。もっとも、スピードに関しては、SSDのコントローラーが賢ければ、MLCを用いたSSDでもかなり速い製品に仕上がるので、あんまし気にする必要はないとも思ってます。

MLCは、電荷の量の違いでデータを表してますが、これは4値で2ビットどまりということはありません。理論的には8値で3ビットとか16値で4ビットもありえます。とか言ってたら、インテルとマイクロンが共同で 1セルあたり3ビットのMLCを開発 したそうです。3bpc = 3 bit per cell だって。かっちぇーw 今年のQ4には量産するみたい。書き込み回数の制限が2ビットのMLCと比較してどうなるのか気になりますが、現状のMLC比で約1.5倍の容量が実現できてしまうわけで、ますますSSDが安くなるんだろうなあとwktkしちゃいます。




関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://oretoday.blog10.fc2.com/tb.php/273-60944561
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。