俺TODAY.org
( ゚Д゚)ウマーな生き方を目指す。良い意味で
迷宮街クロニクル1 生還まで何マイル?
迷宮街クロニクル1 生還まで何マイル? (GA文庫)迷宮街クロニクル1 生還まで何マイル? (GA文庫)
(2008/11/15)
林 亮介



京都に大地震が起き、その結果地下の迷宮が現れてそこからモンスターがぞろぞろと。迷宮の探索とモンスター退治するために、一般人から志願者を募ることに。迷宮街には訓練場や酒場があったりします。つまりWizardry I Proving Grounds of the Mad Overloadの状況が、リアル京都で起きるという設定のお話です。これは、なかなかおもしろい!

「魔法使い」、僧侶に相当する「薬師」、そして敵の気配などを探知できる「ソナー」という職業があり、この3つの職業はパーティーに必ず必要で、1人につき1人の「戦士」がガードするということで、だいたい6人くらいでパーティーを組みます。ソナーは盗賊相当ですね。じゃあ侍とか君主に相当する職業は? と思いますが、戦士だけど魔法が使えるキャラがいるという記述があるので、今後出てくるでしょう、多分。

Wizardry Iの人気モンスターであるMxxxxx's Ghost相当の存在も登場します。名前がちょっと、いやかなり笑えます。少なくとも俺はリアルで吹きました。

もちろんリアルワールドが舞台ですから、Wizardryと違う点もあります。それは防具。現代人は鎧なんて着たらまともに歩けませんから、ちょっと厚手に詰め物をしたツナギを着込みます。それと工事現場で使うようなハードハット。これだけです。これでモンスターと戦うわけですから、キャラがばんばん死にます。死亡率14%とありますが、もっと高い気がしますw

そんな危険なところにわざわざ志願してくる香具師がいる理由は、とても儲かるから。1回の地下探検で、普通のリーマンの1ヶ月分に相当するくらいの収入が得られることもあるからです。モンスターが金持ってんのかよw というわけではなく、倒したモンスターの体をさばいて持って帰ると、地上で買い取ってもらえるという設定です。それなんてTHE SCREAMER w

いろんなキャラクターから見た視点で描かれていたり、そもそもキャラクター自体が大勢いることもあり、ちょっとばかし読みづらいところがあるのも確かですが、とてもおもしろい小説でした。もちろんすぐさま 2巻 も密林にオーダーしましたですよ、ええw

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://oretoday.blog10.fc2.com/tb.php/313-e332ee34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック