俺TODAY.org
( ゚Д゚)ウマーな生き方を目指す。良い意味で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DropboxのiPhone版が出たっ!
オンラインストレージサービスのDropboxが、ついにiPhone版をリリースしました。ライバルのZumoDriveは、だいぶ前からiPhoneをサポートしていたので、これで追いついたというところですが。

WindowsやMacのDropboxは、Dropboxを利用するすべてのマシンにデータの複製を置き、それを自動的に同期するという仕組みです。このやり方は、オフラインの状態でもとりあえずデータを閲覧することができる(最新ではないかもしれないけれど)点で優れています。その一方で、たくさんのデータを置いている場合、iPhoneのようにストレージ容量が小さいマシンでは厳しいという問題点もあります。

iPhone版のDropboxは、どうやってこの問題点を解決しているのか興味がありました。どうやら、ファイルにFavoriteマークを付けるようになっているみたいです。マーク付きのファイルはローカルに保存するんでしょうね、多分。

俺のiPhoneは、すでに空き容量が1GB台になっていたので、Dropboxに置いてあるデータが全部落ちてきたらイヤーンでした。助かります。


ライバルのZumoDriveは、この問題をどう解決しているのでしょう。実はZumoDriveは、各マシンにすべてのデータを置きません。雲の向こうに唯一のデータ(もちろん、RAIDで冗長化されているでしょうけど)があり、各マシンはこのデータをキャッシュするという仕組みになっています。どれくらいの分量のファイルをキャッシュするかは、ユーザーの好みで設定できますし、ファイルの種類(画像なのか、音楽データなのか的に)によって設定を変えることもできます。

DropboxZumoDriveのどちらの方法が優れているか、簡単に断じることはできません。それぞれ一長一短ありますし。だけど、どちらがkooooolかと言ったら、やはりZumoDriveの方式ですね。


というわけで、さっそくDropboxのiPhone版を使ってみました。PDFやExeclのシートは、けっこう軽快に表示されます。イカス! だがしかし、俺はDropboxにOpenOffice.orgで作ったスプレッドシートのデータを置いているのですが、現状のDropboxでは、これの内容を表示できません。書類のアイコンには、Tuxが付いています。OOoで作ったデータなんて、マイナー扱いなのかのうwww

iPhoneのZumoDriveで、まだ文字化けが起きる
Dropboxの有料サービス

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://oretoday.blog10.fc2.com/tb.php/316-408a06ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。