俺TODAY.org
( ゚Д゚)ウマーな生き方を目指す。良い意味で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
AMDの新アーキテクチャーBulldozer キターw
以前からコードネームだけは登場していたAMDの新アーキテクチャーBulldozerですが、ようやく 概要が出てきた みたいですね。「クラスタードアーキテクチャー」というのは聞き慣れない言葉ですが、2つのCPUコアが融合されて1つのユニットになっているものみたい。整数演算ユニットは、コアごとに用意されているけど、命令デコーダーと浮動小数点演算ユニットは、2コアで共用する構造だそうです。それほど頻繁に使われていない部分を2コアで共用することで、電力当たりの性能が上がるし、低コストにもなるわけで。

Bulldozerの構造は、むしろ1コアで整数演算部分だけを2倍にした的にも見えますが、AMDではそれをデュアルコアと計算するみたい。実際の性能はともかく、マーケティング的には良いですよ、これw

intelのHyper Threadingは、何ちゃってデュアルだけど、Bulldozerは、本当にデュアルなんですよ」

と言えるわけですしwww

それよか気になるのは、資料を見ると、整数演算部分のパイプラインが1コアにつき4本書かれているところ。今のAMD64アーキテクチャーは3命令同時実行ですが、Bulldozerは4命令同時実行なのでしょうか? (ALU+AGU)×4なのか、ALU+ALU+AGU+AGU なのかはまだ判然としていないようですが。intelはCore microarchitecture以来、4命令同時実行です。だからx86業界ではCPU単体の性能競争は、もうintelの勝ちでケリが付いてしまったと思ってました。

これまで、intelAMDは交互に強い時期がありましたが、Core microarchitecture以降、intelが圧勝っぽい勢いでした。AMDはメモリーコントローラー内蔵のアドバンテージとか、仮想化とか、GPU内蔵チップセットまで含めたプラットフォームでかろうじて勝負していた感じがします。Bulldozerで、その流れが変わるとしたら良いですねー。あとはAMDがきちんとオンスケジュールで製品を出せるかどうか。そこが心配です。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://oretoday.blog10.fc2.com/tb.php/355-9ac29f55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。