俺TODAY.org
( ゚Д゚)ウマーな生き方を目指す。良い意味で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Google Chrome OS キター
ついに、Google Chorme OSが公開されましたね。Google Chrome OSをオープンソースで開発するためのプロジェクト、Chromium OSが始まったというのが正しいのかな。ソースコードは、誰でも見られるのだとか。Google Chrome OSを搭載したコンピューターを入手できるようになるのは、2010年後半と変わりません。詳細については lifehacker のページがよくまとまっています。

大方の予想どおり、ローカルにはユーザーのデータを置かず、すべてのユーザーデータは雲の向こうに置くのだそうです。アプリケーションも基本的にWebアプリケーションなので、ローカルにあるのは、カーネルとWebブラウザーChromeくらい? ローカルのリソースを管理するためのさまざまな仕組みも不要なため、カーネルを含めた“OS”自体かなり簡素にできるんじゃないでしょうか。オフィシャルの このビデオ が非常に分かりやすくできています。

ローカルにユーザーのデータを置かないから、Chrome OSが入ったパソコンは、ホテルとかで貸し出すのに適してますね。Chrome OSを使うインフラが整ってくると、出張にノートパソコンを持っていくのは、よっぽどこだわりのある人だけ。普通は手ぶらで出かけてホテルでChrome OS入りのノートを借りて、雲の向こうにある自分のデータにアクセスして資料作ったりするのが当たり前になるかも。「ビジネス用途にはMS Officeが要るだろJK」とも思いますが、Office 2010からはWebアプリケーション版も登場しますので、Chrome OSでOffice使えます、といってもいんじゃね?

とりあえずはネットブックに対応する、すなちわx86系(Atom)CPUで使われることになるわけだけど、ARM系のCPUにも対応しているみたいなので、スマートブック(あまり人口に膾炙してないねw)でも使えるわけで。Chrome OSが普及してきたら、AtomはARM系のCPUとガチの勝負になる気がします。

Chrome OSで少し心配なのは、Webアプリケーションだけということなので、うまく開発者やを引っ張り込めるかという点でしょうか。開発環境の充実っぷりは、やはりマイクロソフトに一日の長があると思う。

まあ、俺は壱台くらいはChrome OS搭載機を持つかもしれないけれど、きっとごてごてした今と同様のPCも使い続けると思うな、多分www

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://oretoday.blog10.fc2.com/tb.php/361-cfaba722
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。