俺TODAY.org
( ゚Д゚)ウマーな生き方を目指す。良い意味で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デュアルディスプレイのノートPCってw
工人舎は、Atomが出てくる前から小型のノートPCを手掛けるわりと堅実なベンダーです。いつも職場にリリースを送ってもらっているのですが、今日届いたリリースを見て、お茶吹きました。デュアルディスプレイのノートPCですと!?


デュアルディスプレイノートPC


工人舎らしからぬ、はっちゃけた製品ですね。初期のネットブックにありがちだった10.1吋サイズの1024×600(WSVGA)液晶を2台搭載しています。CPUはAMD Athlon Neo MV-40(1.6Gig)、チップセットはグラフィックス機能を統合したAMD M780Gなので、3Dや動画再生支援もある程度はいける? ワンセグチューナーは、工人舎のノートPCなら標準装備とも言えるかも。これ1台でテレビと実況板を同時に見ることもできますねw

デュアルディスプレイのノートPCって、確か海外でも発表されたと思うんだけど、ニッチな製品ということもあり、かなり高価だったという記憶があります。一方この製品は、79,800円とかなり低価格です。ネタで購入することも可能な価格帯ですよね。凄いよ。

重さが1.84kg、バッテリー駆動時間が4.5時間と、持ち歩くにはちょっと厳しい? また1024×600×2という画面の広さは、1680×1050(WSXGA+)よりも狭いわけで、かなり使い手を選ぶ製品だと思います。だけど、これ持ってたらインパクトは相当でかいですよね。ある意味勇者www



関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
■工人舎、10.1型ワイド液晶を2枚搭載したデュアルディスプレイノート-これってかなりのイノベーションかも?!
このマシン一見奇をてらっているように見えますが、そうではないと思います。かなり綿密な、マーケティングを行い、UMPC(ウルトラ・モバイルPC)がどのようなシーンで使われているか、検証し、行き着いた結果がこのデュアルディスプレーなのだと思います。最近のIT業界、最早ハードなどいきつくところまできて、イノベーションの余地などないのではと思っていたところに、このマシンの登場です。まだまだ、改善・改革の余地があるのだと思い知らされました。最近のIT業界では、ハードの改善・改革などは、目だったものはなく、差別化としては、顧客とのリレーションシップ(関係)を増すことが主題となっているようですが、このマシンの発売は、こうした傾向に一石投じたのではないかと思います。いかにも、モノづくり日本の企業らしいイノベーションだと思います。詳細は、是非私のブログをご覧になってください。
2009/11/28(土) 11:52:53 | URL | yutakarlson #.BcbyNME [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://oretoday.blog10.fc2.com/tb.php/369-75d01e46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。