俺TODAY.org
( ゚Д゚)ウマーな生き方を目指す。良い意味で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Itaniumがますますオワタに近付いている ~RHEL 6ではサポートされず~
x86の次を担うという触れ込みで登場したものの、思うように需要が伸びず、徐々に市場のハイエンドに追いやられていき、今やその領域もXeonに取って代わられそうなItaniumですが、また一歩オワタ状態に近付いてしまいました。Red Hat Enterprise Linux 6では、 Itaniumはサポートされない みたいです。

x86が毎年プロセスルールが細かくなったり、アーキテクチャーが新しくなったりでどんどん進化しているのに、Itaniumは2007年のMontvaleで進化止まっちゃってるし。Montvaleって1つ前の2006年に出たMontecitoとあまり変わらないから、もう3年も動きがないわけで。プロセスルールも90nmですよ。x86は来年早々に3世代先の32nmが出るというのに... Wikipedia で確認したのですが、次世代のItanium (Tukwila) は4回も発売が延期されているみたいですね。現在は2010年2月発売予定ということになっていますが、現時点では何も聞こえてきません。仮に今度も延期になったら、もうキャンセルされるんじゃないかなTukwilaは。


【関連記事】
Itanium、まじオワタんじゃね



関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://oretoday.blog10.fc2.com/tb.php/391-fc6f60a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。