俺TODAY.org
( ゚Д゚)ウマーな生き方を目指す。良い意味で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clarkdale / Arrandaleのレビューが出始めた
もうすぐ発表という噂w のClarkdale&Arrandale、製品名で言うとCore i5とかCore i3のレビューが解禁になったみたいですね。中身的には“Nehalem”の32nm版である“Westmere”と、従来のチップセットのNorth Bridge相当のチップを1パッケージに入れたものです。これまでは、CPUとチップセット(North Bridge/South Bridge)の3チップで、マザーボードの基本的な部分を構成していたのを、2チップにするという大規模なプラットフォームの改革です。

これまでインテルのプラットフォームは、CPUは高性能だけど、チップセットに統合されたグラフィックスの性能が低いため、「そこそこ性能が必要な低価格PC」分野でAMDの後塵を拝していました。新しいCore i5はAMDの製品と同等以上の性能を実現しているみたいですね。グラフィックス周りがようやく追い付いたってところでしょうか。

それにしてもこの新しいCore i5って、値段高いですよね。デュアルコアCPUとメモリーコントローラー&グラフィックス入りとはいえ、Core i5 670(3.46~3.73GHz, GPU 733MHz)が約3万円(284USD)、Core i5 661(3.33~3.60GHz, GPU 900MHz)が約2.1万円(196USD)って。これだけ出すなら、ディスクリートのグラボ買えるでしょう。統合グラフィックスで済ませるPCって、結局はローエンドなわけで。ローエンドのCPUに3万円は出さないと思うけどなあ。この値段で、一体どんなユーザー層に売るつもりなんだろう。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://oretoday.blog10.fc2.com/tb.php/399-99efa9f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。