俺TODAY.org
( ゚Д゚)ウマーな生き方を目指す。良い意味で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
数学ガール/フェルマーの最終定理
数学ガール/フェルマーの最終定理数学ガール/フェルマーの最終定理
(2008/07/30)
結城 浩



書籍のさまざまなカテゴリーのどこに入れたら良いのか、迷う作品です。普通の小説ではないし、かといって参考書でもないですし。だけど、恋愛小説っぽくも読めるし、数学のお勉強にもなるかも? シリーズの1冊めである 数学ガール の続編ということになりますが、2冊めから読み始めても問題ありません。

主人公は、数学好きの男子高校生です。俺自身の高校生時代を思い浮かべてみると、高校(そこそこの進学校)で数学好きというと、たいてい1人か数少ない仲間うちで黙々と問題を解いているというイメージになります。だけど、数学ガールの世界では、主人公と同級生で数学が得意、主人公にさまざまな数学の議論をふっかけてくるミルカさん、主人公の後輩で数学はあんまり得意じゃないテトラちゃんというヒロインs が出てきます。さらにこの2冊めでは、中学生の従姉妹ユーリちゃんも登場します。しかも主人公を呼ぶときは「お兄ちゃん」w 何このリア充っぷりはwww もちろん世の中には、数学が得意、もっというと論理的思考が得意なJKやJCもいるでしょう。だけどそれって、やはり稀少種なんですよ。ミルカさん、テトラちゃん、ユーリちゃんはファンタジーなんですw

タイトルどおりフェルマーの最終定理を扱っています。前半では、フェルマーの最終定理を証明するために必要な証明や定理が説明されています。フェルマーの最終定理に関する本て、けっこう出版されていて、俺も数学ガール以外に何冊か読んでみました。ほとんどの本は、あまり数式を使わないで説明しようとしているので、読者は「あー何か分かんないけど難しいことやってんだなあ」というように理解(なのかw)できます。だけど、数学ガール/フェルマーの最終定理では、しっかり数式が出てきますし、フェルマーの最終定理を証明するために、どんな計算が必要になるのかもちゃんと説明されています。そういう意味で、数学ガール/フェルマーの最終定理は、俺にとって最も「分かった感」の高い本でした。

シリーズの3冊めとして、 数学ガール/ゲーデルの不完全性定理 がすでに発売されています。とろとろと読み進めているところです。




関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://oretoday.blog10.fc2.com/tb.php/486-f778396b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。