俺TODAY.org
( ゚Д゚)ウマーな生き方を目指す。良い意味で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンピューター対女流王将の勝負は10月!
今年の4月に、情報処理学会が日本将棋連盟に「名人に匹敵するコンピューター将棋」で挑戦状を叩きつけたw という話がトピックがありました。コンピューター将棋と女流王将の対決が、 10月に行なわれる ことが決まったみたいです。

コンピューターが将棋を指す場合、序盤、中盤、終盤で異なる手法が用いられるようです。定石に従った指し方をする序盤と、「詰み」にもって行くまでの手をブルートフォースアタックw する終盤はコンピューターの強みが発揮できるそうです。一方、いろいろな方向に展開していく可能性がある中盤は、ちょっと弱かったみたい。「形勢の判断」の判断がコンピューターには難しかったようです。

さまざまな可能性の指し手を、評価関数を用いて絞り込んでいくわけですが、これまでは将棋のうまい人が評価関数を作っていたそうです。そういえば、「森田将棋」の作者である森田和郎氏も有段者だったような記憶が。だけど最近は、プロの棋譜を元にして評価関数を機械学習させるのがトレンドのようです。

学者まで動員して研究しているATOKなどのIMEに対して、ネットでの検索用語を元にしたGoogle日本語入力が現れたのと同様の流れでしょうか。

情報処理学会側も日本将棋連盟側も、自らの勝利を疑っていない様子です。これは非常におもしろそうですね。10月が楽しみです。


【関連記事】
コンピューター将棋と人間の名人が対戦?


関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
合議制とのことですが、票が割れたらどう決めるのでしょうね。4台で予備選をやっておいて、強い順に重みをつけておくのかな。
2010/08/03(火) 06:47:54 | URL | 四人寄れば文殊の知恵 #JalddpaA [ 編集 ]
どうすんでしょうね。パラメーターを微妙に変えて、もう一度計算するとかかな。
2010/08/03(火) 19:17:38 | URL | σ(゚∀゚ オレ!! #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://oretoday.blog10.fc2.com/tb.php/536-b3aea012
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。