俺TODAY.org
( ゚Д゚)ウマーな生き方を目指す。良い意味で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハードなプログラミング雑誌Programmers' Grimoire
技術系雑誌が次々と休刊という名の廃刊に追い込まれている現在、この分野にニューカマーが登場しました。 ロングゲート(もしかして:長門有希?) という会社から発行された、プログラミングの魔導書 ~Programmers' Grimoire~ です。魔道書って良い響きですね。古来より、スーパーなレベルのHackerはWizardと呼ばれているわけですし、そういう意味でも魔道書ってタイトルは、この分野に適してる気がします。

「雑誌」と言いましたが、ISBNも振られているし、体裁としては「書籍」になります。ただ、複数の筆者さんが複数のテーマで執筆されているという形態ですので、気分的には雑誌かなあと。

プログラミング関係のきわめてとんがった内容になるみたいです。何たってVol. 1は、C++の特集です。Lightweight Language全盛の現在、創刊号でC++の総力特集とは、ものすごいとんがりっぷりです。C++の開発者であるビャーネ・スッポスッポw のインタビュー記事とかもあります。

本誌は、紙の雑誌的な書籍と電子書籍(PDF)の両方の形態で発売されるのも特徴です。紙版については、予約を受け付けたのち印刷→発送という売り方をするみたい。すなわち今時の雑誌のように、ありえないほどの割合で返品されてくるということはないわけですね。

興味があったので、買ってみました。気が付いた時には紙版の予約は終了していたので、電子書籍版を。内容については、どうこう言えるほどC++に関する知識が俺にはありませんw かなり難しいっすw 誌面のレイアウトについては、雑誌というよりは紙の書籍に近いかな。あまり読みやすくなるような工夫はされてないみたい。大昔の創刊間もない頃のLinux Japanに雰囲気が似ていますね。

とにかくこの分野で、「まだ」雑誌的な商売が成り立つのか、興味があります。多分次の号も買うと思います。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://oretoday.blog10.fc2.com/tb.php/540-2524090f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。