俺TODAY.org
( ゚Д゚)ウマーな生き方を目指す。良い意味で
電子書籍もマイクロコンテンツ化キタ G-Search ミッケ!
CDで音楽を買っていた時代は、アルバム単位で曲を買っていたのに、iTunes Storeで買うようになると、気に入った曲だけ選んで買うようになります。CDの時代は、売る側の都合でセットメニューでしか選べなかったものが、iTunes Storeになるとユーザーが本当に欲しいものだけを選ぶことができるようになったわけです。このような変化は、コンテンツのマイクロ化というバズワードw で表現されます。

電子書籍が登場してきて、雑誌を売るようになったら、「電子雑誌」も間違いなくマイクロコンテンツ化してきますね。紙の雑誌作りに携わっている俺でさえ、そう思います。たとえば他社のSoftware Designを見てて気になる記事があったら、今は紙だから1冊まとめて買います(こないだ値上がりしちゃいましたけどねw)。だけど電子化されて、特集記事ごとに買えるなら、必要なところだけ買いますよ、ええ。

などと思っていたら、電子書籍・雜誌の記事単位での販売、 始まった みたいです。ジー・サーチという会社が、同社が手掛けるビジネス分野の電子書籍販売サイト「G-Search ミッケ!」で、雑誌記事等の記事単位での販売を実施するのだそうです。データ形式はPDF、まあビジネス分野ですから、汎用性の高いPDFが最適でしょうね。支払い方法は、ジー・サーチのデータベースサービスIDを使うか、Yahoo! JAPANのYahoo!ウォレットの2つが用意されています。以前からジー・サーチのサービスを使っているなら、データベースサービスIDを使えば良し、個人ユーザーならYahoo!ウォレットでOKでしょう。

早速 G-Search ミッケ! を見てみました。ん~、価格設定で大きくミスをしているような気がします。たとえば週刊ダイヤモンド。紙版を買うと690円です。で、週刊ダイヤモンドの各記事がG-Search ミッケ!ではどう売られているかというと、1~3頁のニュース記事が1本あたり210円、カバーストーリーが全部で5パート(5~11頁/パート)に分割されて315~420円。

高いだろwww


カバーストーリーの一部分見るのが420円なのに対して、紙一冊で690円。ないわwww

まあ、週刊ダイヤモンドのような人気もあって部数もそこそこ出ている雑誌だと割りに合わないかもしれないけれど、各種の調査報告書とかマーケティングレポートなら、納得できる価格設定がなされているのかもしれませんね。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://oretoday.blog10.fc2.com/tb.php/552-4146aa08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック