俺TODAY.org
( ゚Д゚)ウマーな生き方を目指す。良い意味で
Drobo国内展開キター
仕事でちょこっと使ってみて以来、非常に気に入ったけれど、未だに買うに至っていないDroboですが、このたび 国内で本格的に展開 することになったみいです。すでに 日本語サイト も用意されてます!

最初に出たモデルは、4台のHDDを搭載できるDroboの本体と、DroboをNAS化するDrobo Shareでした。どうやら今はDrobo Shareはディスコンになっているようです。現状のラインナップは5種類。4台のHDDを搭載可能なDrobo、HDD 5台のDrobo S、NASとして使うなら一択のDrobo FS、そしてiSCSIにも対応してHDDを8台搭載できるDroboProとDroboEliteです。無印のDrobo以外は、RAID 6相当のデュアルパリティにも対応しています。予想価格は、それぞれ39900円、67800円、77800円、159800円、398000円だとか。スペックの詳細は、OHP(Official Home Page w)の 一覧 を。

Droboって、容量が異なる複数のHDDを有効に使えるとても優れた製品で、world wideではすでに10万台以上出荷されているとか。RAIDという言葉を知らなくても、データを冗長化した状態で保存できて、管理も非常に簡単です。フロントにある10個のLEDが、Drobo全体の容量のどれくらいを使用しているのかを表わしてます。空き容量が少なくなってきたなあと思ったら、フロントパネルを外して、空きスロットにHDDを追加するか、一番小さい容量のHDDをぶっこ抜いて大容量のHDDに交換するだけ。RAIDで言うところのリビルド作業も自動で行なわれます。作業の間も電源を落とす必要はなく、普通に使えます。ただし、HDDを1台ぶっこ抜くと、いわゆるデグレード状態になるので、速やかに新しいHDDを追加する必要がありますがw このHDDの状態、すなわちデグレードなのかとか、特定の1台が故障しているのかなどは、HDDのスロット脇にあるLEDで表わされています。フロントパネルの裏に、LEDの色と点灯/点滅/消灯がどのような状態を表わしているのかリストが載っているため、管理の際もマニュアル不要ですww

俺はDroboのこの仕組が非常に気に入っているので、ことあるごとに周囲に推奨してまわっています。もっとも、頭の固い連中はTeraStationに比べて高価だと言って全否定ですけどねw 確かに同じ実効容量で比較したら、TeraStationのほうが安いし、いろいろと便利な機能も含まれています。だけど、TeraStationてRAIDに通暁していないユーザーには敷居が高すぎます。普通に動いている間は問題なくても、トラブルが起きると手も足も出ないでしょう。また、容量を増やしたいと思っても、そう簡単にできません。バックアップをとったうえで(どこに? w)4台全部取り替えるか、裏技的ですが、1台ずつ大容量のHDDに交換してはリビルドしていく必要があります。前者はどこにバックアップをとれば良いのかってことになりますし、後者の場合は一体どれだけ時間かかるのかwww 前述のDrobo全否定のTeraStationユーザーは、容量を増やすために結局もう1台TeraStationを買ってましたけどね。アホかとwww



drobo-fs-cable-angle.png



うちで使うとなると、Drobo FSになるなあ。ここんとこ円高が進行しているので、個人輸入するかっ!とも思っていたのですが、普通に国内で買えるなら、それでもいいかw 試しに、B&Hで調べてみたら、Drobo FSと送料で 739.49USD でした。83JPY/USDとして、6万円ちょっと。微妙だなあwww


【関連記事】
DroboPro!
Droboがカッコイイ


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

コメント
コメント
魅力的なのだけれど
バックアップしないノーガード戦法をとるにしても、独自方式だと、データが取り出せなくなるのが不安要素です。

Drobo 本体が故障したときは、同じ機種を持ってきて、HDDを差し直しすれば復旧できるのかな。
2010/09/17(金) 08:54:57 | URL | osrk #JalddpaA [ 編集 ]
RAIDでもいっしょ
RAIDでもコントローラーが㌧だら同じ問題が起きますね。NVIDIAのチップセットの機能を使ってRAIDを組んでいたりすると、マザボが壊れたらアウト。intelのICHなら別のマザボでも使えるみたいですが。
2010/09/17(金) 23:20:30 | URL | σ(゚∀゚ オレ!! #zYOP5LrY [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/12/07(火) 18:43:00 | | # [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://oretoday.blog10.fc2.com/tb.php/558-94ade7d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック