俺TODAY.org
( ゚Д゚)ウマーな生き方を目指す。良い意味で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ATOK Pad for iPhone出た
iPhoneやiPadなどのiOS搭載機は無敵に近いw ですが、日本人にとっては日本語入力が残念というのが正直なところです。iOSに組み込まれた日本語入力システムは、単語レベルでは、そこそこまともな変換ができますが、複合語や熟語はもうまったくダメなレベルです。

たとえば、「めいかくなししん」とカナで入力したら、出て欲しい漢字は「明確な指針」なのですが、iOS 4.1だと「明確な自信」、「明確な自身」、「明確な地震」が出てきます。「明確な指針」は出てこないんですw ここまでおバカな日本語入力システムは、俺の経験でいうとX68000辺りに相当します。20年くらい時代を遡ってしまったイメージです。

日本語入力システムにこだわり(誤用w)を持つユーザーのお気に入りといえば、ATOKですが、そのATOKiOS用バージョンがついに登場しました! その名も ATOK Pad for iPhone だそうです。すでにApp Storeで発売されているので、さっそく俺も買ってみました。べ別に日本語入力システムにこだわりなんて持ってないんだからねっ! 価格は1200円だけど、最初の4日間は記念価格で900円だとか。これはうまい価格設定ですよね。とりあえず買ってみっか、という気になります。

主にこれまでPCで鍛えられてきた変換精度はさすが、というか現状、スマートフォンでもこれくらいはできてほしいよね、というレベルをきちんとクリアしています。上述の「めいかくなししん」も「明確な指針」が真っ先に候補として挙がっております。

一般的なフリック入力以外に、リボルバータッチ入力やダブルトリガー入力というモードも用意されているのですが、俺はフリック入力自体は割と気に入っているので、もっぱらフリック入力を使っています。ATOK Pad for iPhoneの場合、バックスペースキーもフリッカブル(造語w)になっていたり、多少拡張されているので、慣れてくればこれまで以上に入力の効率を高められそうです。入力方式自体が増えることよりも、適切な変換候補を出してくれることこそが、ATOK Pad for iPhoneの利点だと思います。

ところで日本語入力システムといえば、OSと密接に関わるソフトウェアです。現状、AppleがサードパーティにiOSの一部を置き換えるようなソフトウェアを許可する見込みはあまりありません。そのためATOK Pad for iPhoneも、「メモ帳」アプリケーションに日本語入力システムを組み込んだ形で提供されています。それじゃあ使い道が限定されてしまうような気もしますが、ATOK Pad for iPhone上でテキストを書いて、それを他のアプリケーションに送る仕組みが用意されています。メール、SNS、Twitter、Evernoteはそれぞれ専用ボタンが用意されていますし、汎用的に使えるクリップボードへの転送も可能なので、まあどのアプリケーションでも使えますね。もっとも、Twitterでリツイートする場合とか、直接は使えないですね。たとえばTwitterクライアントでリツイート、テキストを全選択してカット、ATOK Pad for iPhoneにペースト、テキスト追加、投稿といった手順になります。ちと面倒だなwww



IMG_1773.png


ATOK Pad for iPhoneはiOS 4が動作する機種専用で、現状ではiPadでは動きません。iPad用のiOS 4.2が出たら、使えるようになるのかもしれませんし、もしかしたらiPadのサイズに最適化されたUIが追加されたりするのかもしれません。それはちょっと期待できるな。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://oretoday.blog10.fc2.com/tb.php/561-586dfa3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。