俺TODAY.org
( ゚Д゚)ウマーな生き方を目指す。良い意味で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
簡単ゲー Pocket Frogsにハマリ過ぎ
ここんところ、ブログの更新もせずにiPadで Pocket Frogs ばかりやっていますw iPad仲間から紹介されたのですが、ヤバいくらいハマりました。iTunes Storeでの評価も、凄まじく高いですね。Addictive! という声が多いです。



Pocket Frogs



俺自身、なぜこんなにハマったのか分かりませんw そもそもこのアプリケーションは、ゲームなのでしょうか? やることは、カエルを育てること、ただそれだけです。育て方も簡単で、池に連れてってトンボを食べさせるだけ。パラメーターは“Happy”だけで、トンボを食べさせていくと上がっていきます。

カエルは、買ってきたり、プレゼントされたり、手持ちのカエル同士でブリードしたりして増やします。リアルのプレイ友達がいれば、カエルの交換をすることもできます。基本は、たったこれだけ。だけだけ尽くしのゲームなのに、手先の器用さとか反射神経とか、まったく不要なのに、なぜかおもしろいです。

そもそもPocket Frogsには「勝利」があるわけではありません。カエルは体の模様(40種類)、体色(23種類)、模様の色(16種類)にそれぞれバリエーションがあり、全部で40x23x16=14,720種類がいます。だけど、これをすべて揃えれば勝利かというと、同じ種類のカエルを8匹揃えるという“Award”があったりするので、そう単純ではありません。



Pocket Frogs



この写真は、“I Choose You”というAwardをクリアした時のスナップショットです。黄色に赤茶色のほっぺた模様のカエルを8匹揃えるというものですが、これってやっぱりピカチュウですよねw てことは、I Choose Youは、やはり「君に決めた」と訳すべきかw こんな感じの小ネタ満載なところも楽しいです。

ひょっとしたら今は、「コンピューターゲーム」の定義が変わっていく最中なのかな。そんな大上段に構えたことも考えたりしました。反射神経の競争から、自由度が高く好き勝手にできるフィールドで、各人ごとの「勝利」を求めてあれこれする。ソーシャルアプリケーション的に、各人の結果を比べてみたり、協力してみたり。そういうのが「楽しい」のではないか? そんな分析をしてみたりしてw




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://oretoday.blog10.fc2.com/tb.php/574-57506ee9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。