俺TODAY.org
( ゚Д゚)ウマーな生き方を目指す。良い意味で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOP500 Nov. 2010キター TSUBAME 2.0は4位!
年に2回のTOP500更新、 Nov. 2010版 が発表になりました。今回は、中国の天河一号(漢字で書くと中国っぽいですねw)が1位で、2.566PFLOPSと実性能で初めて2PFLOPSを超えました。中国製のスーパーコンピューターがTOP500の1位になったのは、初めてです。

俺としては、どっちかというと東工大のTSUBAME 2.0が4位に入ったことのほうが嬉しいです。前回の Jun. 2010 のTOP500では、日本製スーパーコンピューターは22位が最高順位でした。日本勢が上位の5位以内に返り咲いたことは、素晴らしいことだと思います。もちろん1.192PFLOPSと1PFLOPSを超えており、世界でもトップクラスの性能を誇っています。1PFLOPS超のスーパーコンピューターを実現できたのは、アメリカ、中国に次いで3番目(今回、フランスも1PFLOPS超のスーパーコンピューターを実現しているので、同着ですがw)、凄いです。

今回のTOP500では、1PFLOPSを超えたスーパーコンピューターは7台になりました(アメリカ3、中国2、日本、フランス)。半年前は1PFLOPS超えは3台だったことを考えると、相変わらず進歩が速い業界です。

このうち1, 3, 4位のスーパーコンピューターにはGPUが、もっというとNVIDIAのTeslaが使われています。GPUの2大ベンダーといえばNVIDIAとAMDですが、ことスーパーコンピューター用途では、NVIDIA製が圧倒的に強いですね。CUDAなどの開発環境をいち早く揃えたことが、良い結果につながったのかなあ。正直、もっとGPU搭載機一色になるかと思っていたのですが、Crayの新モデル XE6 も5, 10位に入っています。

スーパーコンピューターでGPUを使う理由は、消費電力あたりの性能が高いからです。パソコンではGPUって電気喰いのイメージがありますが、ことスーパーコンピューターの世界では、GPUを用いることで性能の割に消費電力を抑えることができます。このあたりの指標でもTSUBAME 2.0は優れており、1.192PFLOPSを実現するのに約1.4MWの消費電力となっています。上位10位のなかで1MW台なのは、TSUBAME 2.0だけです。2位のJaguarが、1.759PFLOPSで約7MWであるのと比べれば、TSUBAME 2.0はずいぶんとエコw なスーパーコンピューターです。

天河一号のノードはWestmere x 2にTeslaという標準的な構成で、これを7168ノード束ねています。一方TSUBAME 2.0のノードは、Westmere x 2にTeslaが3台というGPUてんこ盛りです。HPの HP ProLiant SL390s G7 というイカすサーバーです。PCI Express x16で接続するGPUを3台搭載するために、I/Oハブ(Tylersburg)も2つ載っています。この辺の話は、今売りの ASCII.technologies 2010年 12月号 (宣伝w)に写真込みで載っていたりするので、ぜひご覧になってくださいwww


ASCII.technologies (アスキードットテクノロジーズ) 2010年 12月号 [雑誌]ASCII.technologies (アスキードットテクノロジーズ)
2010年 12月号

(2010/10/23)



TOP500全体で見れば、相変わらずアメリカは圧倒的に強いですが、中国に1位の座を奪われたことで、猛烈に巻き返してくるんでしょうね。かの国は「1位じゃなきゃダメ」な国ですからwww


関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://oretoday.blog10.fc2.com/tb.php/576-311f2289
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。