俺TODAY.org
( ゚Д゚)ウマーな生き方を目指す。良い意味で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
intelの超小型SSDがイカス
intelから超小型のSSD、intel SSD 310が発表 されました。2.5インチHDDと比較すると、体積比で1/8、重量で1/10程度(10グラムくらい)と非常に小型軽量です。実サイズは51x30x5mmだそうで、薄型のタブレットにも搭載できそう。これほど薄いということは、当然、殻はありません。基板とチップむき出しの製品です。


intel SSD 310



MacBook Airに搭載されている東芝のスティック型SSDモジュール Blade X-gale と似ています。intel SSD 310がターゲットとする市場は、Blade X-galeのそれよりももう少し下かな。intel SSD 310のラインナップは、40GBと80GB。読み書きの性能は、40GBが170MB/sと35MB/s、80GBのモデルは200MB/sと70MB/sとなっています。読み出しについては、相当速いです。

最初、SSDが市場に投入される際には、2.5インチのHDDと互換のサイズと形状でした。ノートPCのHDDとSSDに交換することで、容量はちと少ないけれど耐衝撃性向上、性能向上、消費電力低減というメリットをアピールできますから。この方針は正解だったと思います。だけど今では、フラッシュメモリーの大容量化も一段と進み、より少ないチップ数で必要十分な容量を実現できるようになりました。そうなると、2.5インチHDDと同じサイズというのは制約になってしまいます。モバイルデバイスは、「より軽くより薄く」を常に目指しています。今後は、ノートPCにしてもタブレットにしてもintel SSD 310のような殻のないSSDが採用されていくようになるんじゃないでしょうか。



RSS
仕事の都合で時々更新が滞ります (-_-;) ので、
RSSリーダーに登録しておくと、便利かもしれません。
俺のお勧めは ライブドア・リーダーです。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://oretoday.blog10.fc2.com/tb.php/591-8be11efa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。