俺TODAY.org
( ゚Д゚)ウマーな生き方を目指す。良い意味で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ARM版Windows出るのかっ!
先日 ARMアーキテクチャー用Windowsが出るかも? という話を聞きました。それはねえだろと思っていたのですが、マイクロソフトがCESで ARM版Windowsの開発を正式発表 したそうです。Windows mobileやWindows Phone 7とかの後継ではなく、Windows 7の後継であるWindows 8のARM版だって! 俺の予想は完全に外れましたwww

ところでWindows 8がx86ARMの両方で出るということは、ユーザーはARMアーキテクチャー版Windows 8で、既存のx86用アプリケーションが動くんじゃないかと期待しちゃうんじゃないでしょうか。「WindowsがARMでも動く」といった場合、一般のユーザーは、「今デスクトップもしくはノートPCで使っているWindowsのアプリが、タブレットでも使えるようになるのか」と考えるでしょう。そこんとこをどうやって解決するのか、とても気になります。.NETフレームワークのアプリケーションなら、1つの中間コードをx86とARM両方の環境で動かすこともできる気がします。

もう、アプリケーションはクラウドの向こうで動かすことにするならば、手元のマシンがx86のノートPCだろうと、ARMのタブレットだろうと関係ないす。だけどマイクロソフトは Software plus Service を標榜しており、ローカル環境で動作するアプリケーションも重要視しています。どうすんだろうな。

手っ取り早いのは、「古いx86アプリは動きません」てことにしてしまうことですよね。一番合理的だと思います。だけどこれじゃあ“Windows”を選ぶ意味がないんじゃねえかな。iOSやAndroidと差別化できないでしょう。

ARMによるx86のエミュレーションは、もっとありえないでしょうね。ハードウェアのアーキテクチャーを変更する際に、エミュレーションによって古いハードウェア用のコードを新しいハードウェアで動かすということは、これまでにもありました。Macintoshの680x0→PowerPCへの移行とPowerPC→x86への移行です。ただどちらの場合も、新しいアーキテクチャーのほうが圧倒的に高性能でした。だからこそエミュレーションでも現実的な速度で動作したのです。一方、x86のアプリケーションをARMでとなると、相対的に低い性能のCPUで高性能なCPUのエミュレーションをすることになります。これでまともな速度で動くとは思えません。またエミュレーションて、消費電力面でも良くないので、実際に使われることはないでしよう。

ちょっと妄想してみたんだけど、ARM版Windows上で昔のx86アプリケーションを動かしたいユーザーには、Microsoftがクラウド上にx86マシンを用意しておき、そちらにアプリケーションを「インスコ」し、実行。ユーザー手元のARM版Windows上では、画面表示だけやるというサービスを提供するというのはどうでしょうw これなら、ARM版Windowsでx86バイナリーのアプリが「動く」ことになりますよね。こんなサービスが出てきたら、楽しそうだなあ。


【関連記事】
ARMアーキテクチャー用Windowsが出るの?



RSS
仕事の都合で時々更新が滞ります (-_-;) ので、
RSSリーダーに登録しておくと、便利かもしれません。
俺のお勧めは ライブドア・リーダーです。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://oretoday.blog10.fc2.com/tb.php/592-0a41cff1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。