俺TODAY.org
( ゚Д゚)ウマーな生き方を目指す。良い意味で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【書評】出版大崩壊 電子書籍の罠
出版大崩壊 (文春新書)出版大崩壊 (文春新書)
(2011/03/17)
山田 順



「電子書籍元年」(この表現も陳腐ですねw)と言われた去年以降、たーーーくさん「電子書籍」関連の書籍(紙のねw)が出版されています。基本的には、「Kindleすげー、iPadスゲー、これからは誰でも出版できるぜ。マンセー!」といった内容です。そりゃそうです、これから電子書籍に乗り出そうって時に、わざわざダメな点をあげつらうわけないですから。とはいえ出版社で働いている人間(含む俺)から見れば、そんなに良いことだらけじゃないというのは当然分かっていることです。そりゃそうだ、そんなに良いならば、どんなに反対する香具師がいたって、もっと積極的に電子書籍に突っ込んでいく出版社が出ているはず。

というわけで本書は、そんな電子書籍の暗部(大げさw)を分かりやすく説明したものです。筆者さんは、光文社でカッパブックスなどを手がけられていた出版業界のベテランの方です。ベテランといっても紙の出版にしがみついたりせず、きちんとご自分でも電子出版の世界に飛び込んだ上で、その経験を基にこの本を書かれています。それだけに、内容には重みがあります。

おもしろいと思った点をいくつか紹介すると、こんな感じ。

日本は今の隆盛を迎えるよりもだいぶ前から電子書籍の分野に挑戦し、ハードウェアを出しているベンダーもありました。しかし、それらはことごとく失敗しています。その原因を筆者さんは、コンテンツ不足や利便性の低さを挙げますが、さらにその手前の原因として、日本的な集団議決方式を指摘しています。すなわち、新しいことを始めるときに、まずはステークホルダー各社が雁首揃えて利害を調整するというやり方です。これだととにかく時間がかかってしまうので、今のようにフラットな世界で競争している時代にはまったく合いません。確かにその通り。

そんな感じで電子出版でも出遅れた日本ですが、実は電子書籍の市場規模という点では現状でもトップクラスだったりするそうです。ただし内容はかなり特殊で、大部分が携帯電話のコンテンツ、さらにその多くがBL(Boy's Love )/TL(Teen's Love)、すなわちエロだとかw (TLってTime Lineかと思ったよw)ここで興味深いのは、ケータイでBL/TLコンテンツを消費するユーザーは、紙のメディアはまったく眼中にないということです。BLのケータイコンテンツの広告を、紙のBL雑誌に出したところ、まったく反応がなかったのだとか。これはけっこう衝撃です。俺はもうおっさんな年齢ですが、紙の書籍も電子書籍も読んでます。だけど、若い人はもう本当にケータイだけなんですね…

筆者さんは、今後の電子出版の方向性として、以下の3つを挙げています。

(1)紙をPDFにしただけの電子書籍
(2)マルチメディア化(表現が古いのは、俺がおっさんだからw)
(3)自費出版化

しかし(1)については、すでにGoogleが紙の書籍をスキャンしてデータ化を進めており、日本の勢力が今からGoogleに追い付くのは無理でしょう。また(3)は、いわゆる「中抜き」であり、これが進めば出版社は不要になります。もちろんコンテンツの質は悪化しますけどね。というわけで、既存の出版社がこの先生きのこるためには、(2)しかないというのが結論なのですが、その(2)は村上龍氏が「歌うクジラ」を作る際に、既存の出版社と組まなかったことで分かるように、クリエイター側から否定されています。その理由として、多くの出版社が(2)のようなコンテンツを作るノウハウをほとんど持っておらず、外注丸投げの例が多いことが挙げられています。出版社が代理店を介して外注とやり取りするくらいなら、クリエイターが直接その外注さんとやり取りするほうが良いのは当然のことです。

かくして、電子書籍そのものは普及するだろうけれど、ビジネスとしては成り立たないだろうというのが結論です。電子出版ビジネスが失敗するだけでなく、紙のビジネスに戻れるわけもないので出版というビジネス全体が崩壊するというわけです。そのための対策とかは、一切書かれていませんw 投げっぱなしw 筆者さんは御年59歳ということで、ぎりぎり逃げ切れる世代ということなのでしょうw

前述のとおり、電子出版というビジネスがそう簡単にいかないということは、出版関係業界の人間なら誰でも理解していることです。それをきちんとコンテンツ化して、業界外の方にも分かりやすく説明しているところが、この本の良いところです。ちょっとだけですが、プラットフォーマー(AppleとかGoogleとかAmazonとか)への恨みつらみがあったりもしますが、その程度はまあスルーしてよいのではないでしょうか。

読み手も含めて、本に関係するすべての人、すなわち万人が読んどくべきだと思いますです、はい。



RSS
仕事の都合で時々更新が滞ります (-_-;) ので、
RSSリーダーに登録しておくと、便利かもしれません。
俺のお勧めは ライブドア・リーダーです。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://oretoday.blog10.fc2.com/tb.php/624-adac69de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。