俺TODAY.org
( ゚Д゚)ウマーな生き方を目指す。良い意味で
初音ミク、CMデビュー! 日本ではなくアメリカで
昨日あたり、Web界隈で「初音ミク」がバズってるなあと思っていたら、TOYOTAがアメリカで カローラのCMキャラクターに初音ミクを採用 していたのですね。(・o・)びっくり! 特設サイトのトップに貼られている初音ミクの絵は、例によってアメコミカライズ(新語w)されておりますが、その下の動画に出てくる初音ミクは、ちゃんと普通の姿をしておりましたw



初音ミク



カローラのCMキャラクターに初音ミクが選ばれた理由も、ちゃんと書いてありますね。以下、引用。

The new 2011 Corolla and Hatsune Miku have two very important things in common - big dreams in a compact package.



コンパクトなボディに大きな夢を抱えている点が似ているから (^_^) だそうです。

日本発のVocaloidが、日本より先にアメリカでCMキャラクターとしてデビューというのは、驚きですよー。こんなところにも東日本大震災以降の世界的な「ジャパン・パッシング」の傾向が見てとれますw などとインチキ評論家みたいなことは、言いませんけどねw

アメリカで売られているカローラは、ミニバンでもSUVでもハッチバックでもない、4枚ドアのセダン。最も保守的な客層向けの車種です。そういう客層に向けてのCMで、このように先鋭的なキャラクターと演出をぶつけてくるというのは、日本では考えられないですね。

このように日本人から見たらありえない(頭の硬い上司が「これはないな」と即断するようなw)CMが、アメリカでは「あり」なのは、なぜでしょう? そこには、日本とアメリカの新しい技術や文化に対する接し方、態度の違いがあるのではないかと思います。日本(人)は、新しい技術や文化に接したとき、既存のものとは別の概念として認識し、理解しようとします。たとえば、ネットとリアルのコミュニケーションが別物として存在しているような感じ。一方アメリカ(人)は、文化でも技術でも新しいものを「1つのバリエーション」として認識しているように感じます。俺はアメリカ人ではないので、あくまで個人の感想w ですけど。

この差異は、どちらが正しいかとか「べきである」とか言えるものではなく、単に違いがあるというだけのことです。ただ、アメリカ人のやり方のほうが、新しいものを取り入れるまでの時間は短くて済むだろうなあと思いますけど。そしてその繰り返しによる進化の速度も、アメリカ人のやり方のほうが速いでしょうね(どちらが正しいか、言ってるようなものですねw)。

何でこのような差があるんでしょう。これまた私見ですが、日本人は、新しいものを取り入れて、その結果、失敗することに対して過度にびびってるんじゃないか。そんな気がしています。日本は、どっちかっつーと失敗に寛容でないところがあるので、びびる気持ちもある程度は分かります。だからといって、新しいことはとりあえず否定から入るみたいな風潮は、勘弁してほしいなあw

新しいことやって失敗した人に対して、「だから無理だって言ったじゃん」ではなく、「ナイストライ!」と言う。そんな人になりたいですw



RSS
仕事の都合で時々更新が滞ります (-_-;) ので、
RSSリーダーに登録しておくと、便利かもしれません。
俺のお勧めは ライブドア・リーダーです。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://oretoday.blog10.fc2.com/tb.php/636-ec5e5f36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック