俺TODAY.org
( ゚Д゚)ウマーな生き方を目指す。良い意味で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
AppleがMacにもARM採用? 微妙
ここんとこ、AppleがMacにもARMを採用 するという噂が出ています。噂の出所は… SemiAccurate かあw 言うまでもなく、現在のMacにはintelのx86プロセッサーが使われています。一方iPad, iPhone, iPod touchといったiOS搭載機は、ARMアーキテクチャのプロセッサーが使われています。iOSは最初期にはOS X iPhoneと呼ばれていたくらいで、Mac OS Xとある程度共通の部分もあるでしょう。ARMを載せたiPadなどでiOSが動く以上、Mac OS XのARM版も技術的にすごく困難ということはないと思います。

Appleは、これまでにもMacのプロセッサーを、モトローラの680x0シリーズからPowerPCへ、PowerPCからintel x86へと、他の製品ではなかったプロセッサーの変更を2回も行なっています。混乱が皆無だったとは言いませんが、これらの変更は成功したといってよいでしょう。680x0からPowerPCへ、PowerPCからx86へと移行した理由は、それぞれ680x0とPowerPCの将来性が疑問視されていたからです。事実680x0は、姿を消しました(組み込み用途では健在なのかも?)。PowerPCはゲーム機などの組み込み用途では使われていますが、コンシューマー向けPC用プロセッサーのように、頻繁に性能が向上するような製品ではなくなっています。IBMのハイエンド鯖用POWER6/7は… まあ別物ですし。その点intelのx86プロセッサーは、将来までの開発ロードマップが最も明確な製品と言えます。少なくとも将来が不安で、アーキテクチャを変更することは考えられません。

intel x86からARMに移行する妥当な理由があるとしたら、消費電力あたりの性能でしょうか。確かに組み込み用途から始まったARMは低消費電力ですが、でも代わりに性能もそこそこなんですよね。例えば、今俺が使っているMacBook Airには、2.13GHzのintel Core 2 Duoが載っています。演算能力が不足しているなあと思うことは、基本的にありません。ここまでの性能をARMアーキテクチャで出せるのか? 難しいと思いますですよ。確かにARMアーキテクチャの次期バージョンは、低消費電力より性能向上に振ったものになるみたいですが、性能が上がれば消費電力だって上がるでしょう。ARMだけ魔法が使えるわけではないのです。



MacBook Air



今後、ARMのマルチコア化が進んで、消費電力あたりの性能が劇的に向上すれば、ARM搭載のMacが出る可能性もあるでしょうけれど、同じような性能向上はintel x86でも起こるわけです。しかもintelは先日、3次元トライゲートトランジスタを採用したプロセッサーを出すと発表しています。消費電力あたり性能の向上の余地は、intel x86のほうが上かもしれません。ARM搭載Macが、プロセッサーアーキテクチャの移行というリスクに見合うほどのものとは思えないのです。現在明らかになっている情報で判断すれば、ですが。

あるとすれば、キーボード付きiPadみたいな別の製品じゃないかなあ。

そもそも論で、ソースがSemiAccurateですからね。Appleが、NVIDIAからAMDのGPUに移行したことを的中させた! とかありますが、その何倍も外してる「予想」があるわけですからw




RSS
仕事の都合で時々更新が滞ります (-_-;) ので、
RSSリーダーに登録しておくと、便利かもしれません。
俺のお勧めは ライブドア・リーダーです。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://oretoday.blog10.fc2.com/tb.php/638-6cd2de05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。