俺TODAY.org
( ゚Д゚)ウマーな生き方を目指す。良い意味で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
書評:共喰い
共喰い共喰い
(2012/01/27)
田中 慎弥


一応出版社で仕事しているので、「○○賞受賞」的な本は、流行りモノとしておさえておかねばなりません。というわけで、第146回の芥川賞受賞作です。

昭和の頃のお話。戦後の高度成長から取り残されたような地域(多分関西?)に住むDKが主人公です。父親(これがまた下衆w)の振る舞いに嫌悪感を持ちつつ、気が付いたら自分も同じような振る舞いをしていることに気付いたりします。四半世紀くらい前のまだ「戦後」ぽさが残ってる風景を切り取って、淡々と描写したような小説です。

真っ正直言いますが、全然おもしろくなかったし、感動もしませんでした。俺にとっては「芥川賞受賞作」というタグが付いているというだけの本でした。


RSS
仕事の都合で時々更新が滞ります (-_-;) ので、
RSSリーダーに登録しておくと、便利かもしれません。
俺のお勧めは ライブドア・リーダーです。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://oretoday.blog10.fc2.com/tb.php/718-8a66e96e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。