俺TODAY.org
( ゚Д゚)ウマーな生き方を目指す。良い意味で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エルピーダが㌧だ
昨日は非常に忙しいタイミングだったのですが、日経新聞のサイトに号外が出るほどの大ニュースがありました。国内唯一となったDRAMベンダーのエルピーダメモリが会社更生法の申請を出したらしいです。ぶっちゃけてしまえば倒産ですね。改正産業再生法の適用を受けて、税金投入してまで延命措置をしたけど、ムダでした。

DRAMといえばかつては日本企業のお家芸であり、日本企業だけで世界中のシェアの大部分を握っておりました。まあそれは過去の栄光でして、今は韓国のSamsungとHynixがワンツーフィニッシュ状態。その下3, 4位を争っているのが、エルピーダとアメリカのMicronでした。ここまでの4社でだいたい90%前後のシェアを占め、残りを台湾の小さなベンダーが分けあってます。HDDほどではないにせよ、寡占の進んだ市場です。

PC向けの主力であるDDR3 SDRAMのメモリーは、もう凄まじいほど値下がりしており、8GBx2本でも余裕で1万円以下で買える状況です。どこのDRMベンダーも儲けがないままチキンレースを続けています。正直、市況が改善する見込みはないですけどね。

エルピーダの経営陣は、まだ引き続きDRAMの生産に賭けるみたいですね。儲けが出るにはシェア30%程度が必要だそうです。2011年のQ4の時点でエルピーダのシェアは12%程度でした。ここからシェアを2.5倍にするって、言うのは勝手ですが、具体的な方策が何もない状態で言ってみてもまったく説得力がありません。

現状DRAMは本当に儲からない製品です。それなのに、DRAMの製造にこだわり続ける理由が分かりません。「電子立国日本」だった頃の栄光を引きずっているのでしょうかね。もうそろそろ「モノづくり」にこだわってると、この国自体が持たないんじゃねえかってことに気付かなければいけないと思うのですが。いや、多分メーカーの人はそんなことは百も承知なのでしょうけれど、いろんなしがらみやらの影響で、大胆な方針転換ができないだけなんでしょうね。(;´д`)トホホ…




RSS
仕事の都合で時々更新が滞ります (-_-;) ので、
RSSリーダーに登録しておくと、便利かもしれません。
俺のお勧めは ライブドア・リーダーです。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://oretoday.blog10.fc2.com/tb.php/727-e62bf64d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。