俺TODAY.org
( ゚Д゚)ウマーな生き方を目指す。良い意味で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これはあり!HDDキャッシュ向けSSD
CPUなどの半導体製品は相変わらずハイペースで性能が上がっていきますが、補助記憶装置であるところのHDDの高速化は、それと比べるとゆっくりです。HDDの性能向上は、もっぱら大容量化に注力されてきました。その結果、HDDは以前にも増して「容量はでかいけれど遅いデバイス」となっております。遅すぎるHDD代わりにSSDを使うというのもアリですが、SSDは容量あたりの価格がHDDよりもはるかに高いため、HDDをそのままSSDに置き換えるのはちょっと困難です。

この問題につていは、現状、DRAM→HDDとなっている記憶装置の階層を1つ増やして、DRAM→フラッシュメモリー→HDDという構成にするのがリーズナブルだと思います。そのための仕組みとして、フラッシュメモリーを搭載した ハイブリッドHDD や、HDDとSSDを接続して ハイブリッドHDDを作れるSATA拡張カード などがありました。

しかし、単体製品としてのハイブリッドHDDは、たいてい高価です。また、SATA拡張カードとなると、ノートPCでは使えませんし、ちょっとばかし敷居が高くなります。このたびレキサー(マイクロンに買収されていたのですね)から、もうちょっとお手軽なハイブリッドHDD向けソリューションが登場しました。HDDキャッシュ向けのSSD Crucial Adrenaline だそうです。製品としてはSSD+ソフトウェアで、既存のHDDに追加することで、ハイブリッドHDDを実現するものですね。64GBのSSDがベースで、50GBをキャッシュに、14GBを「性能最適化」に使用しているとか。性能最適化ってなんだろう? MFTのホットな部分をコピーして持っておくとかでしょうか?


Crucial Adrenaline


ソフトウェアが介在することにより、お手軽に使えるようになりますが、その反面、対応OSがWindows 7に限られてしまいます。まあそんなたいした欠点ではありませんね。1万円程度ですし、かなり良い製品すよ、これ。

【関連記事】
これはあり!ハイブリッドHDDを作れるSATAカード
ハイブリッドHDDまたキター!


RSS
仕事の都合で時々更新が滞ります (-_-;) ので、
RSSリーダーに登録しておくと、便利かもしれません。
俺のお勧めは ライブドア・リーダーです。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://oretoday.blog10.fc2.com/tb.php/740-5baa2610
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。