俺TODAY.org
( ゚Д゚)ウマーな生き方を目指す。良い意味で
自宅鯖を更新してUbuntu 12.04 LTSにした!
自宅鯖には、長らくFedoraを使っておりました。新しいバージョンが出たら更新する的な感じで、何世代かのFedoraを使ってきました。ですが、Ubuntu Magazine に関わるようになったので、自宅鯖もUbuntuにリプレイスしようということで、Core i3-2120T(TDP 35Wの低消費電力モデル)と対応マザボ(ASUS P8H61-M LE Rev.3.0)、メモリーなど買い揃えておりました。

とはいえ、特に問題なく動いている鯖をリプレイスするのもめんどい話です。FedoraがいわゆるRed Hat系であるのに対し、UbuntuはDebian由来ということもあり、手間かかるよねえということもありまして。

とか言ってたら、5月にはいって何となくFedora鯖がぷすんぷすんぷしゅーw になってきました。5月はちょうど雑誌の仕事が忙しい時期で、これが一段落したらリプレイス作業するから、それまで何とか保ってくれという願いも虚しくw 5月末に旧鯖(初代Atomを搭載したMini-ITXなmobo)が完全にお陀仏になりました。

一週間ばかし鯖ナシ生活で不便をかこうことになりまたが、6月に入ってようやく鯖のリプレイス作業にとりかかれることになりました。しかし、ここから先がえらく長かったのです (;´∀`)

これまでの鯖マシンは、初代AtomとDDR2 SDRAM 2GBというささやかなスペックだったのに対して、新しい鯖はCore i3-2120T(TDP 35W)とDDR3 SDRAM 8GBとかなりリッチになりました。メモリーも安くなりましたからね~。これだけメモリーがあるなら、Server版じゃなくても大丈夫だろうということで、Ubuntu 12.04 LTSの日本語Remix をインスコしました。うちの自宅鯖はルーターを兼ねており、LAN側とWAN側用にそれぞれNICを用意します。ASUS P8H61-M LE Rev.3.0のLOM(LAN on Mobo)は、RealtekのRTL8111Eというもの。いわゆる「ギガニ」ですね。これと以前から使っていたPCIバス用のintel NIC(82541GI)を用いました。

Linuxディストロの系統が異なっても、LANとWANの間に置く単純なルーターなら基本的にネットワークの設定はそんなに難しくありません。主にやるべきことは、NIC間のIPフォワーディングを有効にして、LAN側のマシン用にDHCP鯖を動かして、NAPTの設定をする、この3点くらいです。ここまで慎重に設定して動かしてみたのですが、LAN側のマシンから外のネットにつながりません。鯖からインターネットへのアクセスは問題なくできるので、IPフォワーディングが機能していないみたいです。何度も設定を見直して見直しましたが、どうしても問題点を見付けられませんでした。

デスクトップ版だとNetworkManagerも動いているし、それが手動の設定とコンフリクトしてたりする? と考えて、Server版を入れてみたり、やっぱUbuntuはだめでしょ(ぉぃぉぃ)、鯖用途ならRed Hat系だよねということで、
CentOSFedora の最新版をインスコしてみたりもしました。しかし、どのディストロでも状況は改善しませんでした。

もう万策尽きてしまい、むしゃくしゃしたので、パーツショップにでかけてPCI Express版のintel NIC(EXPI9301CT)を買いました。3000円ちょっと。intel NICも安くなりましたね~。普段あまり使い道のないPCI Express x1スロットに買ってきたNICを取り付け、LOMのギガニをdisableにして、電源投入、LAN側のマシンも起動してみたところ… ちょw インターネットに繋がってるwwww 週末2回分費やした鯖設定問題、原因はどうやらギガニの相性問題ということのようです orz そんなアホなw

旧鯖でもLOMのギガニとintel NIC(PCI版)で使っていたので、よもやNICの組み合わせに問題があるとは思いもしませんでした。EXPI9301CTのアマゾンでのレビューを見ると、LOMが安定しなくて困り果てて、このintel NICを買ったら、一気に問題解決! という方の多いこと多いことw

俺は100BASE-TXの頃から、カニ(Realtek)のNICが大好きでした。他のチップベンダーのものと比べると、圧倒的に安かったからです。もちろん、カニNICは高負荷下で不安定になるというのは知っていましたが、自宅鯖程度の負荷ならそれほど負荷も高くはならないだろうと思っておりました。安さで選んできたカニのNICですが、PCI ExpressのGbE NICというカテゴリーで比較すると、intel EXPI9301CTは決して高くありません。これならわざわざカニやMarvellのNICを選ぶ必要もないですね。もうネットワークがうまく動かないなら、intel NIC買っとけ! でいいんじゃないでしょうかw


ギガビット CT デスクトップ・アダプタ EXPI9301CTギガビット CT デスクトップ・アダプタ
EXPI9301CT

(2009/02/25)




RSS
仕事の都合で時々更新が滞ります (-_-;) ので、
RSSリーダーに登録しておくと、便利かもしれません。
俺のお勧めは ライブドア・リーダーです。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://oretoday.blog10.fc2.com/tb.php/763-1eb25413
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック