俺TODAY.org
( ゚Д゚)ウマーな生き方を目指す。良い意味で
ServersMan@VPSがバージョンアップした
VPS(Virtual Private Server)業界、特にSOHOや個人向けの領域は、激しい価格競争が繰り広げられています。その競争のまっただ中にいる一社であるDTIが、今週 ServersMan@VPS のバージョンアップを発表しました。

ServersMan@VPSには、Entry, Standard, Proの3つのプランがあります(もう一つ“Perfect”というプランもあるけど、こちらはHA(High Availability, 高可用性)とかロードバランサーといった方向に強化されているものなので、とりあえず置いておきます)。

簡単にまとめると、今回のバージョンアップは、各プランの「保証メモリ」容量がこれまでの2倍(以上)になったのがポイントです。

リソースに余裕のある場合に利用できる「最大メモリ」、ストレージ容量、IPv4/v6アドレスの個数はこれまでと同様です。また各プランでroot権限が使える点も変わりません。


プランEntryStandardPro
月額料金490円980円1980円
保証メモリ256MB

512MB
512MB

1.2GB
1GB

2.4GB
最大メモリ1GB2GB4GB
HDD10GB20GB50GB
IPv4124
IPv6124



最もユーザー数の多いプランは、最安値のEntryなのだそうですが、その月額ワンコインで使えるEntryプランで保証メモリが512MBになったのは、インパクトでかいですね。というのも、CentOS上でPHPとMySQLを使う(Apacheは織り込み済みw)いわゆるLAMPの標準的な構成が快適に利用できるのが、512MBくらいからだからです。

既存のユーザーも特に何も手続きや設定をすることなく、気がついたら使用できるメモリが増えていることになるみたい。これは良いことですよ~。

それにしても、ちょっと前の専用鯖クラスのリソースが、月額ワンコインで使えるってのは凄いっすね。このように鯖の低価格化というかコモディティ化の速度が著しいと、専用鯖を所有してもあっという間に陳腐化してしまいます。そういう観点からも、「VPSありかも」と思ったりしました、はいw



RSS
仕事の都合で時々更新が滞ります (-_-;) ので、
RSSリーダーに登録しておくと、便利かもしれません。
俺のお勧めは ライブドア・リーダーです。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://oretoday.blog10.fc2.com/tb.php/782-c0418e54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック