俺TODAY.org
( ゚Д゚)ウマーな生き方を目指す。良い意味で
Samsung製Tizen搭載端末がドコモから出るかも?
もう旧年中の情報になりますが、NTTドコモ は、今年中に Tizen(タイゼン)を搭載したスマートフォンのリリース を目指すみたいです。Tizen て何だっけ? と言う気もしますが、「LinuxをベースにしたモバイルOS」ということでいいのかな? Tizen Association というコンソーシアムがありますが、開発の中心となっているのは、intelSamsungですね。

モバイルOS、intel、Linuxベースという3つのキーワードを聞くと、MeeGoとかMoblinとかいろいろ思い出される単語がありますねw 源流まで遡ってみると、intelが開発していたLinuxベースのモバイルOSがMoblinで、同時期にNokiaが手がけていたのがMaemoと。そして両プロジェクトを統合してMeeGoが誕生し、そのMeeGoの後継ブロジェクトがTizenということみたい? 次々と名前が変わっていくところを見ると、その進捗状況は推して知るべしですね。

NTTドコモは国内の大手キャリアで唯一iPhoneを取り扱っていないこともあって、このところMNPで純減が続いてます。そういう事情もあって、NTTドコモはもっぱらAndroid推しですが、Androidでは結局Google先生の掌の上から出られません。NTTドコモからすれば、ある程度自身でコントロールできるモバイルOSは欲しいのでしょうね。とはいえ端末の台数ではAndroidが、アクティブなユーザー数ではiOSが非常に強いこの市場で、Tizenがシェアを伸ばしていけるかどうかは微妙なところです。あのMicrosoftのWindows Phoneでさえ、全然シェア伸ばせてないわけですし。


Tizenが成功できるかどうかは、Samsungがどこまで本気でコミットしていくかにかかってると思います。Moblin, MeeGoと立て続けに失敗しているintel主導では難しいでしょう。まして海外ではほとんど存在感のないNTTドコモでは、Tizenプロジェクトのコントロールはできないと思います。

Samsungは、Android端末を扱っているベンダーのなかでは、販売台数の点でもブランドイメージの点でもトップの企業です。ですがスマートフォン市場でAndroidだけにこだわっているわけではなく、Windows Phoneもやってるし、独自のbada OSも手がけてました(他にもやってたかも?)。このようにSamsungがさまざまなモバイルOSにトライしているのは、

「Android端末売り企業ナンバー1」

という地位に満足していないからと想像しています。Samsungはいずれ、GAFMA(Google, Apple, Facebook, Microsoft, Amazon)と同じ立ち位置、すなわちハードウェア、ソフトウェア、サービスのすべてを手がける巨大IT企業の一角になることを目指しているんじゃないすかね。Tizenへのコミットは、その一環かと。


国をあげて反日教育を行なっている韓国に対して、日本人である俺は複雑な感情を持たざるを得ません。しかしSamsungが、すべてアメリカ発であるGAFMAに対抗できる存在になっていくのならば、それはそれでおもしろい展開だと思います。何より、kooooolなハードウェア、ソフトウェア、サービスが提供されるのならば、俺はベンダーの出自にこだわらずに買いますよ。ええ買いますともwww

wktkAA.gif


RSS
仕事の都合で時々更新が滞ります (-_-;) ので、
RSSリーダーに登録しておくと、便利かもしれません。
俺のお勧めは ライブドア・リーダーです。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

コメント
コメント
探偵GODのコメント
確かにね
2013/01/03(木) 16:52:13 | URL | 探偵GOD #USldnCAg [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://oretoday.blog10.fc2.com/tb.php/807-3eb27b8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック