俺TODAY.org
( ゚Д゚)ウマーな生き方を目指す。良い意味で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Ubuntuがスマホに!
年明け早々、カノニカルから新しいトピックが
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
Ubuntu for Phones が発表されました。“Ubuntu Phone OS” て書いているメディアもあるけど、本家のサイトには “Ubuntu for Phones” とあるので、それにならうことにします。

スマートフォン用のUbuntuというと、昨年発表された Ubuntu for Android もありますが、Ubuntu for Phonesはそれとは別物ですね。Ubuntu for Androidについては、Ubuntu Magazineのサイトで 記事が公開されている らしいですよw 「こりゃ役に立ちそうな雑誌だから、買い支えてやってもいいぜ!」という方は、Ubuntu Magazineのサイトの左上に表示されている最新号を買ってあげると喜ばれるみたいですよ! (`・ω・´)ゞ

画面写真を見ると、カラーリングとか左側からUnityのドックが出てくるところとか、ああUbuntuだね! って感じがします。ディスプレイの四辺からスワイプする感じのインターフェイスみたい。ちと触ってみたくなるのう。

Ubuntu for Phonesの特徴は、やはりデスクトップ版Ubuntuとしても使えてしまうところでしょうか。Ubuntu for Phonesをドック(ディスプレイ、マウス、キーボードと接続するあれw)に乗せれば、デスクトップ版Ubuntuのできあがりとなります。日本などいわゆる先進国では、個人がスマートフォンとPCを所有しているのが普通です。一方発展途上国では、スマートフォンとPCを両方揃えるのは難しいでしょう。Ubuntu for Phonesがシェアを上げていくとすれば、まずはそういった地域からでしょうね。

上記のデスクトップ版としても使える場合のハードウェア構成は、クアッドコアのARM or intel Atomと1GB以上のメモリーが必要になりますが、現状のAndroidなスマートフォンならまあクリアできそうですね。また、エントリークラスのスマートフォンをUbuntuで作るという用途なら、1GHzのCortex A9と、512MB〜1GBのメモリーでいけるみたい。

ぶっちゃけ、Androidより興味あるなあw スマートフォンなんて、Facebook, Twitter, Evernoteと、何かの地図アプリ(パチンコガンダム除くw)が使えて、あとは なめこ栽培 ができればそれでOKなわけですしw


スマートフォン市場は、現状AndroidとiPhoneでシェアの90%を占めている状態です。Ubuntu for Phonesがそこに割って入り、シェアを伸ばすのは並大抵なことではないと思います。前述のとおり、発展途上国でうまいこと使われるようになればシェアが増えるかも。あとは… GAFMA(Google, Apple, Facebook, Microsoft, Amazon)に続きたいどこかのハードウェアベンダーが、OSを欲しがってUbuntu for Phonesを使うという可能性もあるんじゃねえかなあ。このような展開も期待しています。




RSS
仕事の都合で時々更新が滞ります (-_-;) ので、
RSSリーダーに登録しておくと、便利かもしれません。
俺のお勧めは ライブドア・リーダーです。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://oretoday.blog10.fc2.com/tb.php/809-0c9d8dc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。