俺TODAY.org
( ゚Д゚)ウマーな生き方を目指す。良い意味で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【書評】Ubuntu Server 実践バイブル
Ubuntu Server 実践バイブル 現場で即運用に役立つサービス設定のノウハウUbuntu Server 実践バイブル
現場で即運用に役立つ
サービス設定のノウハウ

(2013/03/16)
吉田史


(注:このブログのオーナーは、アスキー・メディアワークス関係者です)

Ubuntu Magazine での執筆や、技評さんの Ubuntu Weekly Topics で知られている 吉田史 さんによる、Ubuntu Serverの実践的な運用本が登場です!

オフィシャルの 紹介記事 には、「ググればわかることは詳しくは取り上げない」とあります。実際、サーバー管理を生業としている方々の間では当然とされる「暗黙知」や「作法」といった、まさに検索しても見つからない知識が満載されております。俺のような「サンデー鯖管理者」にしてみると、「目から鱗」なことがいっぱいです。

Ubuntu Serverの基礎的な話(インストールの話とかも含む)、サーバーの構成、そして日々の運用管理の方法まで、416ページの大ボリュームな本にぎっしり詰め込まれています。このサイズですが、OpenStackなどのクラウド環境については含まれていません。これはOpenStackが現状ではまだ急速な進化が続いており、書籍に載せてもあっという間に内容が古くなってしまうからです。逆に言えば「Ubuntu Server 実践バイブル」に載っている知識は、すぐには古くならない鉄板かつ定番なものとも考えられますね。



「Ubuntu ServerってLinux鯖業界ではマイナーじゃね?」という誤解もあるみたいですが、全球的に見るとUbuntu Serverってけっこうな割合で使われてます。Webサーバーとして使われているマシンのOSは、概ねUNIXとWindowsが2:1くらい。UNIXに分類されているうちの約半分がLinuxで、BSDが2%弱、残りの半分近くはUnknownです。Unknownの内訳もOS名が明らかになっているものと同じくらいの比率だとすれば、UNIX≒Linuxは言い過ぎだとしても、

Linuxのシェア=0.98×UNIXのシェア

くらいは言えるでしょう。そしてLinux内での内訳ですが、Debian, CentOS, Ubuntuがこの順番で三強となっています(この3ディストロのシェアを合わせると80%超えます)。Ubuntuのシェアは23.2%(2013/02)で3番目ですが、同時に最も速いペースでシェアが増えているディストロでもあります。ものすごく大雑把に計算すると、世界中のWebサーバーの6~7台に1台はUbuntuってことですね。そしてさらに今後も伸びが期待できると。
(ソースは W3Techs

日本国内でも、たとえばVPSのサーヴィスでUbuntu Serverを標準メニューから選択できるようになっていたり、ISOをアップロードすればUbuntu Serverが利用できるようになってきました。日本は保守的な傾向があるので、まだ現状ではCentOS/RHELのシェアが高いようですが、徐々に全球的なトレンドに追随していき、Ubuntu Serverのシェアが上がっくるでしょう。

そういうわけですから、今こそUbuntu Serverをしっっっかり勉強しておくチャンス。いつUbuntu Serverの勉強するの?

今でしょ!!
今でしょ!


Ubuntu Serverのことを本気で学びたいなら、Ubuntu Server 実践バイブル 現場で即運用に役立つサービス設定のノウハウ は、マストバイですよ~
∠( ゚д゚)/



RSS
仕事の都合で時々更新が滞ります (-_-;) ので、
RSSリーダーに登録しておくと、便利かもしれません。
俺のお勧めは ライブドア・リーダーです。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://oretoday.blog10.fc2.com/tb.php/828-cffe25a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。