俺TODAY.org
( ゚Д゚)ウマーな生き方を目指す。良い意味で
SSDも(約)1TB時代きたっ?
HDDとは一線を画した読み書き性能を備えたSSDは、パソコン用の起動ストレージとしてはすでに標準といっても過言ではありません。事実、俺が使ってる「パソコン」的なデヴァイスは、4台とも起動用ストレージはSSDです(MacBook Air, Lenovo G570, 自作WIindow 7マシン、自作Ubuntuサーヴァーマシン)。SSDは高速に読み書きができて、無音で、低消費電力で、衝撃に強いといったメリットがあります。

半面、容量当たりの価格がHDD比で相当に高いというデメリットもあります。そういうわけで、うちで使っている2台の自作マシンのように、SSDとHDDを搭載して速さと容量を両立させようとするマシンは、わりと見掛けます。自宅で使うマシンは、シンプルな構成にしておいたほうが何かと便利なので、できればストレージは1台だけにしておきたいのですが、リーズナブルな価格で入手できるSSDの容量を考えると、デスクトップPCやサーヴァーでSSD 1台構成というのは、ちょっと辛い感じでした。

ですが、このあたりの状況も変わってくるのかも。CruicialのSSD新シリーズである Crucial M500 では、960GBというほぼ1TBのモデルがある みたいです。容量では小さい順に120GB, 240GB, 480GB, 960GBがあり、フォームファクターではHDD置き換えぽい2.5吋、薄型ノート用のmSATA, そして同じく薄いデヴァイス用のM.2の3種類があります。960GBのモデルは、このうちの2.5吋形状として用意されるみたい。

予想価格は120GBモデルが12,600円、240GBモデルが21,000円、480GBが38,850円、そして注目の960GBモデルが60,900円くらいだとか。これまでにも1TBのSSDはあったけど、軽々と6桁円行ってしまうのが当たり前で、そう簡単に入手できるものではありませんでした。もちろん6万円台も十分に高いけれど、ここまで下がってくればIYHしちゃう人も増えるんじゃないでしょうか。960GBモデルは入荷量少ないらしいすけどね。




RSS
仕事の都合で時々更新が滞ります (-_-;) ので、
RSSリーダーに登録しておくと、便利かもしれません。
俺のお勧めは ライブドア・リーダーです。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://oretoday.blog10.fc2.com/tb.php/831-eb8749c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック