俺TODAY.org
( ゚Д゚)ウマーな生き方を目指す。良い意味で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デスクトップ用CPUも8コア&DDR4対応だって
intel 近々の新製品に関するアナウンスをしたみたいです。Pentiumの20周年モデルとか、いろいろトピックはあるのですが、やはり最上位のCore i7 Extreme Editionに注目ですね! intel製のデスクトップ用CPUとしては初の8コアで、メモリーもDDR4サポート になるみたい。また対応チップセット(X99)は、SATA Expressをサポートするみたい。

アーキテクチャーについては、たいていのサイトがHaswell-Eベースと予想していますね。世代としては、現行の第4世代Coreと同じということで。

「8コア」については、デスクトップ用x86 CPU初というわけではありませんね。なんとなれば、AMD FXで4モジュール8コアの製品があったからです。まあ、性能については、ゲフンゲフンなんですけれども。

DDR4は、やっとというか、ついにというか、デスクトップ用途やサーバー方面では久しぶりの新しいメモリー規格です。今やスマートフォンやタブレット用のLPDDR3とかWideI/Oのほうが、テクノロジードライヴァーですが、SDRAM以来のDDR→DDR2→DDR3→DDR4といった進化の流れも止まってはいなかったみたいです。

新しいCore i7 Extreme Editionは、2014年の2Qに市場に投入されるそうですが、それに合わせてDDR4のDIMMなども出回ることになるのでしょうか。現状、DDR4に対応しているCPUは今度出る新しいCore i7 Extreme Editionだけなので、そんなに需要もなさそうだし。もしかして、DDR4のDIMMとセットで販売したりしてね。intelは過去にもPentium 4とDirect RDRAM(当時、ほぼPentium 4専用)を1つのパッケージに入れて販売したことがありましたし、必要ならばそれくらいやりそう。そこまでやると、値段がものすごいことになりそうですが、そもそもExtreme Editionですからいいんです。これまでもExtreme Editionの名前を冠した製品は、アメリカでは999ドル、日本ではだいたい10万円前後がキホンでした。DDR4のメモリーとセットで、1,999ドルもしくは20万円になったところで、買う人は買います。

SATA Expressも期待できますね。ここんとこ完全にインターフェイス律速なSSDですが、現行のSATA 6G(6Gbps)と比べて大幅に帯域が向上するSATA Express(2GByte/sec)なら、SSDのさらなる高速化が期待できそう。実はPCの体感速度に影響があるのは、8コアとかDDR4とかよりSATA Expressと対応する爆速SSDかも。

個人的にはExtreme Editionにはなかなか手が出せませんけどね♪~ <(゚ε゚)>


RSS
仕事の都合で時々更新が滞ります (-_-;) ので、
RSSリーダーに登録しておくと、便利かもしれません。
俺のお勧めは ライブドア・リーダーです。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://oretoday.blog10.fc2.com/tb.php/872-42591196
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。