俺TODAY.org
( ゚Д゚)ウマーな生き方を目指す。良い意味で
Windows 8.1 Update
昨日、日本でもWindows 8.1 Updateが公開されました! Windows 8→Windows 8.1も比較的短期間でしたが、Windows 8.1 Updateのリリースもあまり間がないですね。“Update”の位置づけもよく分かりませんが、Windows 7時代までのサービスパックみたいなもの?

Windows 8.1 Updateは、OSのバージョン番号が変わらない割に、変化がいろいろあるみたいです。けっこう重要なのが、Windows 8.1よりも少ないリソースで動くようになった点でしょうか。起動直後にタスクマネージャー開いてみるという大雑把な方法で確認しましたが、確かに使用中のメモリーはだいぶ少なくなってるみたい。Windows 8.1 Updateのシステム要件は64bit版でもメモリー1GB(Windows 8.1は2GB)になるそうで、ローコストなWindowsタブレットがますます増えてくるかもしれません。

before.png

after.png


見た目には、まず「スタート画面に電源釦が最初から表示されてる」てのが大きな変化? もっとも、俺はログインしたら即デスクトップを表示するようにさせてるし、デスクトップでWindowsキーを押したらアプリビューを表示するようにしてあるので、スタート画面を見る機会がほとんどないんですけどね。わざわざスタート画面を表示して、確認しちゃいましたよ。他にも見た目関係では、ストアアプリに最小化と終了の釦が追加されたとか。間違えてストアアプリを起動しちゃった時に、さっさと終了させられるので便利ですね。(・ω<) ストアアプリをデスクトップのタスクバーにピン止めできるようにもなったらしいけど、ストアアプリはほぼ使わない俺には、あまり関係ないす。

次のUpdateでは、いにしえのスタートボタンが復活したり(Windows 8のスタート画面らしきものも一緒に表示するという強引さらしいけど)、ストアアプリもウィンドウ表示してデスクトップに置けたりするみたい。

今回のWindows 8.1 Update、そして次のUpdateと、良い感じで旧来のデスクトップとストアアプリを融合されていくみたいですね。というか、一応Windows 8から使ってる身からすると、なぜにWindows 8を最初からそのように作らなかったの? って感じもします。今考えるとMicrosoftは、よくWindows 8をリリースしたよなあ。もしMicrosoftが日本の会社だったら、絶対に上層部はOK出さない低クオリティだったもの。

とはいえ、あのひどいOSを出す「チャレンジ」ができるのも、Microsoftの強みなのかなあ。世界一のソフトウェア企業になって、世界で最も普及しているOSを作り上げて、なおかつチャレンジできるってのは凄いですよ。たとえ完成度が最低でもWindows 8を出すことで、「タブでWindows」という使い方が生まれてきたのかも。もしWindows 8が最初からデスクトップとストアアプリが良い感じで融合している製品だったら、こうはならなかったのかも。なんかみごとにMicrosoftに踊らされてるなあ (・ω<)




RSS
仕事の都合で時々更新が滞ります (-_-;) ので、
RSSリーダーに登録しておくと、便利かもしれません。
俺のお勧めは ライブドア・リーダーです。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://oretoday.blog10.fc2.com/tb.php/874-370e8439
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック