俺TODAY.org
( ゚Д゚)ウマーな生き方を目指す。良い意味で
10年以内に小型核融合炉実用化ですと!?
例によってTwitterのTLを眺めていると(最近、ネタのソースが全部TL)、核融合がどうのこうのというツイートが目につきました。ネタ元はこれ。米ロッキード、10年以内に小型核融合炉実用化へ です。

1年以内に設計、テストが終了し、5年で試作品が、10年で実用的(operational)な核融合炉ができるというスケジュールらしいです。しかもそのサイズは約2.1×3メートル(7 ft. x 10 ft.)ととってもコンパクト。「トラックの荷台に載る」と表現されてますが、これで100MWクラスの発電能力があるそうです。

ちょっっっとにわかには信じがたいので、元記事 のほうも確認してみたのですが、大筋同じ内容でした。むー。

核融合は、最も条件がマイルドなD-T反応

D + T → 4He + n + 14.1MeV


でさえ、臨界条件(突っ込んだエネルギーと発生するエネルギーが等しくなる)が1億℃以上です。これはすでに達成されたみたいですが、実用的な核融合炉の条件はさらに高くなります。かような超高温になるため、核融合関連の設備は当然巨大なものなるのが常識だったわけですが… 仮に小型の核融合炉ができるとしたら、大型のものができて、そのずっと先に小型化成功という手順なるはず。いきなり、トラックの荷台に載るサイズの核融合炉が10年以内と聞かされてもね。Wikipediaに掲載されているような知識・技術とは、まったく異なる技術ができたのでしょうか。まさか、常温核融合の悪夢再びじゃないだろうなあ。

そういうわけで、今のとこは眉にべっとりと唾をつけてる状態です。とはいえ、俺が生きている間には実現しないと思ってた核融合が、あと10年で実現できると聞いて、かなりWKTKしているのも確かです。



RSS
俺いい加減な性格だから、時々更新が滞ります (-_-;)
RSSリーダーに登録しておくと、便利かもしれません。
俺のお勧めは ライブドア・リーダーです。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://oretoday.blog10.fc2.com/tb.php/882-30e11ed3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック