俺TODAY.org
( ゚Д゚)ウマーな生き方を目指す。良い意味で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お仕事ログ:人気ストレージ「Drobo」でこんな使い方大丈夫?
お仕事ログ

書き仕事の記録。

人気ストレージ「Drobo」でこんな使い方大丈夫?

Drobo(ドロボ)記事の第4回、公開されました。

今回は実験回です。俺は自宅にDrobo FSというNAS的なDroboを持っていますが、実際に運用している個体で実験するのはちょっと躊躇してしまうので、メーカーor代理店さんから実験機をお借りできる時はチャンスです。

ちょっと古めのHDDを追加してみるのは、俺としてはアリだと思ってます。HDDを余らせておくくらいなら、Droboに突っ込んで有効活用するのが吉です。

もう一点の、「実際の空き容量よりも大量のデータを記録しようとしたら、どうなるの?」は、前から気になっていた点です。Droboはシン・プロビジョニング技術が採用されていて、Windows/MacのExplorer/Finderからは、約16TBのストレージ(DASでもNASでも)に見えます。そのため、OSから見た空き容量は実際の空き容量よりもだいぶ大きくなるわけです。

ということは、実際の空き容量よりも大きなファイルをコピーしようとしても、OSは「容量が足りないよ!」とは言ってこないわけで、じゃあどういう挙動を示すんだろう? と思っておりました。

Explorer view
うちのDrobo FSは、Windowsマシンから見ると、このように約16TBのネットワークドライブで、空き容量は11TB以上あるように見える

Drobo Dashboard
実際には実効容量は6.3TBくらいで、空き容量はは1.7TBくらいとなる。ここに2TBのデータを一気にコピーしようとしても、Windowsはエラーやウォーニングを出さない

これまで自宅のDrobo FSで実験しなかったのは、実際に試そうとすると時間がかかりすぎるから、というのが最大の理由です。Drobo FSは一世代前の機種ということもあり、最新のDrobo 5Nと比べると転送速度はだいぶ見劣りします。だいたいUSB 2.0で接続したストレージくらいのイメージでしょうか。ヘタすると、実験に日単位で時間がかかる感じです。

というわけで、お借りしたDrobo 5Dで実験をしてみました。結果は、記事を見ていただければと思います。

【関連記事】
お仕事ログ:容量アップでき、長らく安心な外付けHDDなら「Drobo 5D」で決まり!
お仕事ログ:Droboオーナーの俺が初心者のフリをしてDrobo 5Nを設定してみた
お仕事ログ:データ爆増時代のストレージはDroboがお勧め!



RSS
RSSリーダーに登録しておくと、便利かもしれません。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://oretoday.blog10.fc2.com/tb.php/896-c84c215f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。